新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ オデッセイ VG 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ホンダ オデッセイ VG 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/01/15)

※この記事はカーセンサー関東版2号 2000年1月20日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです
(Tester/岡崎五郎 Photo/奥隅圭之)

余裕のトルクがもたらす快適クルージング性能とライバルを凌ぐ静粛性

ホンダ オデッセイ VG|ニューモデル試乗 ホンダ オデッセイ VG|ニューモデル試乗
↑車重1690kgを感じさせない力強い加速が持ち味のVG(左)基本的には直4モデルと共通。バンパー上部に配したメッキモールがV6の証し(右)
スペック上大きな変更はないが、3L V6エンジンは低中速トルクがアップし、車重1690kgを感じさせない力強い加速を可能にしている。もちろん、環境に対する配慮も十分だ。

走りは、といきたいところだが、その前に室内のユーティリティ関係の報告を一つしておきたい。 トピックは、サードシート下に搭載された床下スペアタイヤだ。サードシートの定員は従来通り2人だが、2人が並んで座ったときの快適性は旧型とは比較にならないほど良い。

その半面、床下に搭載したスペアタイヤが邪魔になり、サードシートを畳んだとき旧型のようにきれいにフラットにならず10cmぐらいの出っ張りが残念ながら残ってしまう。なら、床全体を10cm上げてその分全高を10cm高くすればいいと思ったのだが「低い床と低い全高がオデッセイのアイデンティティです」とメーカーの人に言われ、返す言葉を失った。

エンジン単体のみならず、駆動系すべてに振動、騒音対策を施した

ホンダ オデッセイ VG エンジン|ニューモデル試乗 ホンダ オデッセイ VG インテリア|ニューモデル試乗
↑静粛性、スムーズさ、トルク特性ともに文句なしの出来映え。実によろしい(左)ナビゲーションシステムはL、VZタイプには標準装備。他はオプションとなる(右)
V6と直4の両方に乗ったが、走りはどちらもいい。V6は余裕のトルクが生み出す力強い走りとクルージング性能、ライバルを寄せつけない素晴らしい静粛性がウリだ。エンジン単体のみならず、駆動系すべてに振動、騒音対策を施した。

エンジンで選ぶならパワフルで快適なV6、ハンドリング&乗り心地で選ぶなら直4となるが、僕なら値段が安い分、直4を選ぶ。

両車とも旧型と比べて足はかなり硬くなっている。バネレートが30~50%アップしているという。しかし、乗り心地は悪くない。直進安定性もコーナリング性能もOKだ。ただしステアリングが結構クイックなので、高速走行時の微妙な修正舵はややあてにくい。

主要諸元のグレード 3.0 VG
駆動方式 FF/4WD
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4835×1800×1630
ホイールベース(mm) 2830
車両重量(kg) 1690
乗車定員(人) 6-7
エンジン種類 V6SOHC
総排気量(cc) 2997
最高出力[ps/rpm] 210ps/5800rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 27.5kg-m/5000rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.0/9.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/65
車両本体価格 267.5~334.5万円

コンセプト 4点
フィニッシュ 4点
前席居住性 4点
後席居住性 4点
内装の質感 4点
取り回し 3点
操作系の使い勝手 5点
ラゲージルーム 3点
パワー感 4点
トルク感 5点
加速性能 4点
乗り心地 3点
操縦安定性 3点
高速安定性 4点
しっかり感 4点
ブレーキ性能 4点
環境対策 5点
燃費 3点
ステータス 4点
コストパフォーマンス 3点
得点合計 77/100

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027