新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型ホンダ ステップワゴンはトルクフルな新エンジンと足回りの改善で乗り心地が良くなった / navi

クルマニュース

新型ホンダ ステップワゴンはトルクフルな新エンジンと足回りの改善で乗り心地が良くなった / navi

(2015/06/11)

▲1996年に初代が登場してから今年で20年目を迎えた人気シリーズ車。今回のフルモデルチェンジで5代目となった▲1996年に初代が登場してから今年で20年目を迎えた人気シリーズ車。今回のフルモデルチェンジで5代目となった

先代に比べて乗り心地とレスポンスが向上

5代目となるステップワゴンはニューウェポンを携えて登場した。話題のわくわくゲートに加え、ダウンサイジングされた1.5Lターボエンジンだ。トランスミッションはすべてのグレードでCVTと組み合わされている。ラインナップはノーマルグレードが3タイプ、よりスポーティに味付けされたグレードのSPADAが2タイプの設定。今回はノーマルグレードのG・EXと、SPADA・Cool Spiritの2台に試乗した。どちらも快適装備が充実した上級グレードだが、走りはどうだろうか。

まずはG・EXに試乗する。エンジンはアイドリングストップ後の再始動も速く、静粛性も高い。走り出しの際もスムーズで、流れに乗る時の加速はキビキビとしたスポーティさが感じられる。CVTとのマッチングもポイント。ミッション自体の重量軽減により小気味よいレスポンスを見せる。アクセル操作と加速のタイムラグからCVTを敬遠する方にも一度おすすめしたいところだ。

サスペンションはよく上下に動いて衝撃を吸収しながら常にボディをフラットに保つ動きを見せる。切り立ったエクステリアデザインは横風の影響を受けやすいが、揺れを上手くいなしている。リアにもう少し安定感があるとフラつきはさらに軽減されるだろうか。

続いてSPADA・Cool Spirit。横風が強いシチュエーションでもSPADAの方は走行安定性が良好で走り出しも軽やかだ。これはダンパーとスプリングやベアリングの変更によって、リアサスペンションアームの剛性が向上しているためであろう。ちなみにシート2列目に座っての走行も体験したが、1列目よりもさらに静かで快適な印象だ。

2台とも先代に比べてシャシーが刷新されたわけではなく、5ナンバーサイズと大きさもほぼ同様。しかし、トルクフルな新エンジンとサスペンションとボディをつなぐブッシュの改良によってドライバーの操作によく反応し、乗り心地も改善された車に仕上がった。改良で得た余力をただ速さに振り向けるのではなく、快適な乗り心地を追求した人に優しい車にするために使ったといえる。

▲先代に比べ全高は25mm高くなった(ステップワゴン、2WD)が、全長と全幅は変わらず ▲先代に比べ全高は25mm高くなった(ステップワゴン、2WD)が、全長と全幅は変わらず
▲先代が2Lエンジンだったが、新型は新開発の1.5Lターボエンジンを搭載し、ダウンサイジング化を行っている。JC08モードで最大17km/Lの燃費性能を実現している 先代が2Lエンジンだったが、新型は新開発の1.5Lターボエンジンを搭載しダウンサイジング。JC08モードで最大17km/Lの燃費性能を実現している
▲横にも縦にも開くハッチが特徴の「わくわくゲート」。人の乗り降りや限られたスペースでの荷物の出し入れが可能 ▲横にも縦にも開くハッチが特徴の「わくわくゲート」。人の乗り降りや限られたスペースでの荷物の出し入れが可能
▲3列目のシートを左右分割して床下に収納することができるため、多彩なアレンジが可能 ▲3列目のシートを左右分割して床下に収納することができるため、多彩なアレンジが可能

【SPECIFICATIONS】
■グレード:G・EX ■乗車定員:7名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1496cc
■最高出力:110(150)/5500[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:203(20.7)/1600-5000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4690×1695×1840(mm) ■ホイールベース:2890mm
■車両重量:1670kg
■JC08モード燃費:16.2km/L
■車両本体価格: 258万8000円(税込)

■グレード:SPADA・Cool Spirit ■乗車定員:7名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1496cc
■最高出力:110(150)/5500[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:203(20.7)/1600-5000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4735×1695×1840(mm) ■ホイールベース:2890mm
■車両重量:1700kg
■JC08モード燃費:15.4km/L
■車両本体価格: 288万7000円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027