新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランドローバー ディスカバリー・スポーツは新生ディスカバリーファミリーのトップバッター / navi

クルマニュース

ランドローバー ディスカバリー・スポーツは新生ディスカバリーファミリーのトップバッター / navi

(2015/06/15)

▲スタートプライスはSEが492万円と魅力的。HSEが582万円、最上級のHSEラグジュアリィが692万円と100万円刻みで上昇。パワートレインは共通のため純粋な装備差だが、最上級ならディスカバリーにも手が届きそう。グレード選びは相当悩ましい▲スタートプライスはSEが492万円と魅力的。HSEが582万円、最上級のHSEラグジュアリィが692万円と100万円刻みで上昇。パワートレインは共通のため純粋な装備差だが、最上級ならディスカバリーにも手が届きそう。グレード選びは相当悩ましい

ランドローバーの新たな最適解

うん? ディスカバリーにスポーツ?? その聞き慣れぬ組み合わせの理由を尋ねたところ、ランドローバーはブランドの再編を始めているのだという。これからは洗練性の“レンジローバー”、多用途性の“ディスカバリー”、耐久性の“ディフェンダー”の3本柱で、最もコンパクトだったフリーランダーの名は消滅。後継車としての役割を担うのが、ディスカバリースポーツだ。

新生ディスカバリーファミリーのトップバッターだが、ベースは現行ディスカバリーではない。トレッドなどの数値を見れば、イヴォークとプラットフォームを共用することが見てとれる。2L直4ターボとZF製9ATの組み合わせも同様だ。

乗り込むとイヴォークを微塵も感じさせない広い室内空間が広がる。ルーフ全面を覆うパノラミックサンルーフが広さをより一層強調する。見た目よりもコンパクトな全長ながら、ディスカバリーらしくオプションで3列シートも設定。もちろんスタジアムシートだ。

ハンドリングは素直、いわゆる“スポーツ”な味付けではないが、けっこうなスピードでコーナーに入ってもアンダーステアは少しも顔を見せず気持ちよく狙ったラインをトレースできる。静粛性も高い。エンジン音もタイヤノイズも風切り音もすべてが遠くに聞こえる。リアにコンパクトなマルチリンク式アクスルを採用したことで広さと優れた走行性能を両立している。出来のいい9速ATのおかげもあって、この体躯が2Lエンジンでストレスなく走る。イヴォークで定評のあるアクティブドライブラインや可変ダンパーのマグネライドなどはオプションで用意されている。

イヴォークでは実用性が足りない、ディスカバリーでは予算が足りない、そんな人に見事なまでの最適解となっている。

▲デジタル・ステレオカメラを用いた自動緊急ブレーキ(AEB)などに加え、クラス初の歩行者用エアバッグを装備 ▲デジタル・ステレオカメラを用いた自動緊急ブレーキ(AEB)などに加え、クラス初の歩行者用エアバッグを装備
▲水平と垂直のラインを活かしたインテリア。長いホイールベースを最大限に活かし広いレッグスペースを確保した ▲水平と垂直のラインを生かしたインテリア。長いホイールベースを最大限に生かし広いレッグスペースを確保した

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HSE Luxury ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1998cc
■最高出力:240/5500[ps/rpm]
■最大トルク:340/1750[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:9AT
■全長×全幅×全高:4610×1895×1725(mm) ■ホイールベース:2740mm
■車両重量:1920kg
■車両本体価格:692万円(税込)

text/藤野太一 photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027