新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ 911タルガ 4 GTSは速くて快適な1台である / navi

クルマニュース

ポルシェ 911タルガ 4 GTSは速くて快適な1台である / navi

(2015/06/17)

▲マラガ近郊のサーキットで試した911タルガ 4 GTSは高速域の安定性と低速域での俊敏性のバランスが絶妙。デザインも魅力的だが、いかんせんキャビンへの風の巻き込みが強すぎる。本気で飛ばすならクローズ、ゆっくり流すときはオープンがお勧めだ▲マラガ近郊のサーキットで試した911タルガ4GTSは高速域の安定性と低速域での俊敏性のバランスが絶妙。デザインも魅力的だが、いかんせんキャビンへの風の巻き込みが強すぎる。本気で飛ばすならクローズ、ゆっくり流すときはオープンがお勧めだ

「速いのに快適」なポルシェGTSに911タルガが新登場

歴史的に見ればポルシェGTSモデルの祖先は1963年デビューの904 GTSになるのだろうけれど、現代に蘇ったGTSといえば2007年に登場したカイエンGTSがその第1作目にあたる。その後、911(997)、パナメーラとじわじわラインナップを広げ、いまではボクスターやケイマンを含む計5モデルにGTSが設定されている。

ここに911タルガ4 GTSが新たに加わったことを受け、現行GTSモデルをずらりとそろえた国際試乗会がスペイン・マラガで行われることになった。

ポルシェ自身はGTSの魅力を

1)快適性と日常的な使い勝手のよさ
2)優れたパフォーマンス
3)豊富な装備品にある


と主張するが、これはまさに的を射た説明だ。たとえば911 GTSと911カレラSで比較すると、高回転域でいちだんと元気さを増すGTSのエンジンはカレラSより明らかに魅力的だし、足回りはカレラS並みにスポーティなのに、乗り心地の点ではカレラSを明確にしのぐ。つまりGTSのほうが速いのに快適なのだ。しかも、GTSとカレラSの装備の差を仮にオプションで補っていくとすぐに400万円に迫るのに、実際の価格差は250万円ほどでしかない。

新たに加わった911タルガのGTSモデルは、なぜか4WDのみの設定となるものの、GTSならではの魅力は健在。これでオープン走行時の快適速度が引き上げられれば「屋根開きグランツーリスモ」として限りなく満点に近づくはずだ。

この「速いのに快適」という方向性はボクスターやケイマンにも共通するものだが、今回最大の驚きだったのはパナメーラ GTSで、重心の低さを生かした走りはスポーツカーそのもの。GTSの登場で初めてパナメーラのコンセプトが明確になったと思えるほど、その完成度は高かった。

▲シート中央部やトリムなどにアルカンターラを採用、ステッチや刺繍が入る専用インテリアパッケージをタルガに用意 ▲シート中央部やトリムなどにアルカンターラを採用、ステッチや刺繍が入る専用インテリアパッケージをタルガに用意
▲440ps/520Nmの4.8L V8を搭載したパナメーラGTS。ダプティブエアサスペンションを備え、価格は1700万円 ▲440ps/520Nmの4.8L V8を搭載したパナメーラGTS。ダプティブエアサスペンションを備え、価格は1700万円
▲昨年のMCで追加されたカイエンGTS。440ps/600Nmの3.6L V6ツインターボを積み、価格は1389万2727円 ▲昨年のMCで追加されたカイエンGTS。440ps/600Nmの3.6L V6ツインターボを積み、価格は1389万2727円

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Targa4GTS ■乗車定員:4名
■エンジン種類:水平対向6DOHC ■総排気量:3799cc
■最高出力:430/7500[ps/rpm]
■最大トルク:440/5750[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4500×1870×1295(mm) ■ホイールベース:2450mm
■車両重量:1560kg
■車両本体価格:2017万円(税込)

text/大谷達也 photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027