新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWDはある意味でベストなV40だ / navi

クルマニュース

ボルボ V40 クロスカントリー T5 AWDはある意味でベストなV40だ / navi

(2015/06/17)

▲まずは200台の特別限定車として設定されている。本革シートに、新しくなったセンサスと呼ばれるマルチメディアシステムのナビ&テレビ、安全装備のインテリセーフ10、これら全部こみこみで439万円。いまV40狙いの人、ぜひAWDもご検討を▲まずは200台の特別限定車として設定されている。本革シートに、新しくなったセンサスと呼ばれるマルチメディアシステムのナビ&テレビ、安全装備のインテリセーフ10、これら全部こみこみで439万円。いまV40狙いの人、ぜひAWDもご検討を

AWDでも高燃費、ある意味ベストV40

4WD=燃費が悪い、という図式はもはや過去のものになろうとしている。

ボルボが昨年から導入している新世代パワートレイン「Drive-E」2L4気筒ターボ「T5」エンジンに初めて4WDを組み合わせたのが、このV40クロスカントリーT5 AWDだ。

従来の「T5」は直列5気筒エンジンで、独特の音や鼓動があったがこの新パワートレインは本当に静かだ。従来型比で32ps/50Nmも出力向上しながら、燃費は14.8㎞/L(JC08モード)と約19%も改善されている。先日、マツダのエンジニアに聞いた話だが、4WD=燃費が悪いという既成概念を打壊すべく、2WDを超える燃費性能をもった4WDの開発を進めているという。それはすべてのメーカーにとっての目標だろう。ボルボは新開発のアイシンAW製8速ATを組み合わせて、このエンジンを効率的に使っている。同じパワートレインを搭載する2WDのT5 R-DESIGNの燃費が15.1㎞/Lであることを鑑みれば、燃費面でのデメリットはほとんどない。

公式発表では足回りに変更点はないというが、乗り心地も良くなった。新パワートレインとのマッチングか、製造精度の向上によるものかは不明だが、いずれにせよ最近のモデルの年次改良はすごい。短いスパンで進化していく。

そして、もちろんボルボお得意の安全装備の10種盛り合わせ「インテリセーフ10」をはじめ、なんと歩行者エアバッグまでも標準装備する。V40譲りの適度なサイズ、クロカンらしいデザイン、効率的なパワートレインに4WDを組み合わせる。

街乗り派にもアウトドア派にもうれしい、ある意味ベストV40だと思う。

▲ベーシックモデルと比べ全長+30mm/最低地上高+10mmに、ルーフレールや専用パーツなども装着する ▲ベーシックモデルと比べ全長+30mm/最低地上高+10mmに、ルーフレールや専用パーツなども装着する
▲チャコール&ブロンドの本革シートやウッドパネルを用いたモダンスカンジナビアンテイスト ▲チャコール&ブロンドの本革シートやウッドパネルを用いたモダンスカンジナビアンテイスト
▲直噴や可変バルブタイミング機構に加え、アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生システムも採用した ▲直噴や可変バルブタイミング機構に加え、アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生システムも採用した

【SPECIFICATIONS】
■グレード:T5 AWD ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:157/6000[ps/rpm]
■最大トルク:300/2700-5000[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4370×1800×1470(mm) ■ホイールベース:2645mm
■車両重量:1580kg
■車両本体価格:439万円(税込)

text/藤野太一 photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027