新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ E220ステーションワゴンは高効率なだけでなく、情緒に訴える車だ / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ E220ステーションワゴンは高効率なだけでなく、情緒に訴える車だ / navi

(2015/06/24)

▲あらゆる面で軽やかさが感じられる走りと、高い経済性を両立した最新のクリーンディーゼルは、大人が我儘を貫いて手に入れたつもりでも、実は家族はじめ周囲の誰をもハッピーにしてしまう可能性が高いです。そういう意味で言えば、我儘度は低い……かも?▲あらゆる面で軽やかさが感じられる走りと、高い経済性を両立した最新のクリーンディーゼルは、大人が我儘を貫いて手に入れたつもりでも、実は家族はじめ周囲の誰をもハッピーにしてしまう可能性が高いです。そういう意味で言えば、我儘度は低い……かも?

クリーンディーゼルの真打ちはすべてが軽やか

日本へのクリーンディーゼル導入の先駆者であるメルセデス・ベンツが、いよいよ4気筒ディーゼルエンジンをラインナップに加えた。CLS、Eクラスに搭載された直列4気筒2.2Lユニットは最高出力177ps、最大トルクは実に400Nmというスペックを誇り、注目のJC08モード燃費は18.6km/Lを実現している。

始動させると、室内には騒音、振動ともほとんど入ってこない。車外で聞いてもエンジン音は軽やかで音量自体も抑えられている。

走りも軽快な印象に終始する。大トルクでグイグイと加速するというより、回転の上昇に合わせてリニアに力が湧き出すという感覚。アクセル操作に対するピックアップも俊敏なので、車との一体感をより強く味わえる。

それでいて巡航状態に入れば余裕綽々。速度が上がるほど静かになっていくかのような感覚は、まさにディーゼルならではだ。

おまけにエンジン重量が抑えられている分、鼻先だって軽いから、フットワークもやはり素直さが光る。全体にE350 BlueTECに比べると、すべてが軽やか。個人的な好みで言えば、断然コチラである。

燃費についてはきちんと計測できたわけではないが、首都高速と一般道、半々ぐらいの割合で走行して、燃費計には13~14km/Lという数字が出ていた。おそらく高速燃費はもっと伸びるはず。期待を裏切ることはなさそうだ。

高効率なだけでなく、情緒に訴える要素まで備えていたのは、率直に言って想像以上。今のEクラス、AMGじゃなければコイツがオススメと言える。また、CLSとの組み合わせも、これなら思った以上にぴたりとハマりそうである。

▲走行状況に応じてダンパーのオイル流量を変化させるセレクティブダンピングシステムを装着。アルミホイールは17インチに ▲走行状況に応じてダンパーのオイル流量を変化させるセレクティブダンピングシステムを装着。アルミホイールは17インチに
▲ファブリック/人工皮革のレザーツインシートを採用。アバンギャルドにレーダーセーフティパッケージを装備する ▲ファブリック/人工皮革のレザーツインシートを採用。アバンギャルドにレーダーセーフティパッケージを装備する
▲アバンギャルドにはハンズフリーアクセスを標準化。ラゲージ容量は655~1910L ▲アバンギャルドにはハンズフリーアクセスを標準化。ラゲージ容量は655~1910L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:E220 BlueTEC STATIONWAGON AVANTGARDE ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:2142cc
■最高出力:177/3200-3800[ps/rpm]
■最大トルク:400/1400-2800[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4920×1855×1500(mm) ■ホイールベース:2875mm
■車両重量:1940kg
■車両本体価格:724万円(税込)

text/島下泰久 photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027