新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧キャデラック エスカレードはその伝統を受け継ぐ車だ / navi

クルマニュース

キャデラック エスカレードはその伝統を受け継ぐ車だ / navi

(2015/06/25)

▲フロリダのビーチ界隈みたいなトゥーマッチ文化というか、日本にないサイズや生活観、もしくは人生観を感じさせる1台。ラッパーやダンサー、現代芸術家だけでなく、つねにボディガード連れで行動する方や、豪華別荘で牽引用途SUVが欲しい方にも最適解といえるでしょう▲フロリダのビーチ界隈みたいなトゥーマッチ文化というか、日本にないサイズや生活観、もしくは人生観を感じさせる1台。ラッパーやダンサー、現代芸術家だけでなく、つねにボディガード連れで行動する方や、豪華別荘でけん引用途SUVが欲しい方にも最適解といえるでしょう

アンチ控えめの美学。キャデラックの伝統ここにアリ

今回デビューした4代目エスカレードは、今や控えめな高級車であるCTSやATSなどセダン系と逆に、ラッパーかトレーダーはたまた社長かセレブか、「成功者」が成功を示すための1台。そもそもキャデラックがそういう車だったことを思えば、保守本流の正調でもある。

縦型LEDの細いヘッドライト、レザーとウッドをふんだんに用いダッシュボードまわりの質感を高めたインテリアが、パッと見での大きな特徴。試乗したのは最上級グレードの「プラチナム」だ。車内に乗り込むと3重シールの密閉性の高いドアと、堅牢なボディに包まれる。

パワーユニットはC7コルベットのLT1の親戚となる新型の6.2Lスモールブロック直噴V8で、可変バルブタイミングコントロールと気筒休止機能を併せ持つ。アクセルひと踏みした瞬間から、フワーッと薫り立つようなトロトロのビッグ・トルクは、ダウンサイジング系がライト煙草とすれば、葉巻のようなズンと深い味わい。ひとたび走り出せば気筒休止の瞬間はほぼ分からないほど自然だし、この守られ感と視線の高さを感じつつ、最大625NmものV8のビッグ・トルクに揺られる高揚感は、唯一無二のものだ。ちなみにBOSEの16スピーカーのサウンドシステムは、かなりキラキラした音だった。

それにしても2.7t近い巨体を山道で扱いにくいと感じさせない、電動パワステの味つけもお見事。75%以上が高張力鋼版というボックスフレームの剛性も寄与しているはずだ。

豪華さに酔いしれるというより、古きよきアメリカンな大らかさを、今日のキャデラックらしいアップデートされたスムーズタッチで味わえる、そこが新型エスカレードの妙味といえる。

▲パワートレインは426psを発揮する6.2L直噴V8に6速ATの組み合わせ。LSD標準装備のAWDとなっている ▲パワートレインは426psを発揮する6.2L直噴V8に6速ATの組み合わせ。LSD標準装備のAWDとなっている
▲BOSEのアクティブノイズキャンセレーション機能は静粛性に貢献 ▲BOSEのアクティブノイズキャンセレーション機能は静粛性に貢献
▲最上級グレードの「プラチナム」では、セダン系と同様に手触りのよいセミアニリン・ナッパレザーのパワーシートが奢られ、マッサージ機能も備わる ▲最上級グレードの「プラチナム」では、セダン系と同様に手触りのよいセミアニリン・ナッパレザーのパワーシートが奢られ、マッサージ機能も備わる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:プラチナム ■乗車定員:7名
■エンジン種類:V8OHV ■総排気量:6153cc
■最高出力:426/5600[ps/rpm]
■最大トルク:623/4100[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:5195×2065×1910(mm) ■ホイールベース:2950mm
■車両重量:2650kg
■車両本体価格:1249万円(税込)

text/南陽一浩 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027