新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 エクストレイルハイブリッドの進化は公道でこそハッキリと感じられる / navi

クルマニュース

日産 エクストレイルハイブリッドの進化は公道でこそハッキリと感じられる / navi

(2015/07/01)

基本性能が高く、乗り心地はガソリンモデルでも十分に満足できるエクストレイル。そのハイブリッドモデルを公道試乗した▲基本性能が高く、乗り心地はガソリンモデルでも十分に満足できるエクストレイル。そのハイブリッドモデルを公道試乗した

テストコースで感じた剛性感は本物だった

以前、試乗したのは横須賀にある日産敷地内のテストコースだった。ハイブリッドの加速力や静粛性を試すには十分な環境で、お伝えしたとおり、エクストレイルハイブリッドが「燃費の良さはもちろん、より走行性能が向上したモデル」だということを体感できた。

今回は、エクストレイルがハイブリッドになってラゲージエリアの剛性感が増した部分がどれほど効果を発揮しているかを、市街地と高速道路で確認したい。

ボディの剛性不足は、路面のうねりや不規則な段差のある公道で感じることができるものだ。ところが実際に試乗してみると、ハイブリッドモデルのリアに配置されたバッテリーのサブフレームが、バッテリーの固定だけでなく、リアのボディ剛性をも向上させていることがわかる。重量のあるバッテリーが車体の比較的高い位置に搭載されているのにコーナリングに影響を感じられないほどだ。逆にガソリンモデルより130kgほど増加した重量と剛性の高さによって、リアの落ち着きは増している印象を受ける。

エクストレイルのハイブリッドシステムはエンジンとモーターの間と、モーターとCVTの間にクラッチを置く1モーター2クラッチ方式で、それぞれを個別に作動させることで動力を効率的に使い分けることができる。そのため、モーター走行は静粛性が高く、発進と停車を繰り返すような混雑した街中などでも優れた燃費性能を発揮してくれる設定だ。

また、エンジン音と振動が少々気になったものの、速度を上げてエンジンを始動する際の接続はスムーズだ。アクセルオフでの回生は積極的で充電スピードもかなり早く、燃費向上だけでなく、充電量を気にせず走行ができる。

エクストレイルハイブリッドは「ハイブリッドシステム」と「低燃費」という付加価値を得てトータルパフォーマンスは崩れていないどころか、むしろ向上したと言えるだろう。

▲エクステリアはガソリン車とあえて差別化していない。リア車体底部にも空気の流れをコントロールする仕掛けがあり、燃費性能と高速安定性を向上させている ▲エクステリアはガソリン車とあえて差別化していない。リア車体底部にも空気の流れをコントロールする仕掛けがあり、燃費性能と高速安定性を向上させている

【SPECIFICATIONS】
■グレード20X HYBRID “エマージェンシーブレーキ パッケージ” ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1997cc
■最高出力:108(147)/6000[kw(ps)/rpm]+30 (41)[kw(ps)]
■最大トルク:207(21.1)/4400[N・m(kg・m)/rpm]+160 (16.3)[N・m(kg・m)]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4640×1820×1715(mm) ■ホイールベース:2705mm
■車両重量:1630kg
■JC08モード燃費:20.0km/L
■車両本体価格:301万1040円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一、尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

関連ニュース

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027