新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A7/RS7 スポーツバックはまさに洗練の塊である / navi

クルマニュース

アウディ A7/RS7 スポーツバックはまさに洗練の塊である / navi

(2015/07/03)

▲SモデルにRSモデルとアウディのスポーツモデル戦略は実に巧み。標準モデルを軸にきちんと性格分けされている点もうまい。最近は販売の現場でもメルセデスやAMGと比較の遡上にあがることが多いというが、さもありなん。RSならその勢いは90%超かと▲SモデルにRSモデルとアウディのスポーツモデル戦略は実に巧み。標準モデルを軸にきちんと性格分けされている点もうまい。最近は販売の現場でもメルセデスやAMGと比較の俎上に載せることが多いというが、さもありなん。RSならその勢いは90%超かと

洗練の塊。アウディらしさが凝縮されている

アウディにあって、メルセデスやBMWにないもの。それがこのセグメントの5ドアクーペ、A7/S7/RS7だ。ファストバックスタイルゆえCLSや6グランクーペとは明らかに雰囲気が異なる。1970年代のアウディ 100クーペSをルーツにもつというが、街で見かけたときに不思議と目にとまるデザインだ。

登場以来4年を経てマイナーチェンジが施された。外観上の最大の特徴は19個のLEDを組み合わせたマトリクスLEDヘッドライト、そしてリアのLEDランプには流れるように点灯するターンインジケーターが装備されたことだ。

まずA7に乗り込む。レザーやウッドパネルの選択肢が増え、洗練度が高まった。また後席は使い勝手向上のため従来の2座から3座仕様へと変更されている。3.0TFSIは23ps出力向上しながら燃費も良くなった。操作系も乗り味もすべてが滑らか。静粛性も高められているように感じた。

一方、S7は少々足を固めステアリングも重く、スポーティさが加味されている。しかし刺激的なわけではない。これがデフォルトの味付けだと言われても、何ら不満はない。

RS7は別物の佇まいをみせる。アウディは「RSモデルはアウディのスポーツモデルの開発生産部門である100%出資子会社「quattroGmbH」が手がける究極の高性能プレミアムスポーツです」とうたっているが、たとえアクセルを踏み込まなくとも560ps/700Nmを御する感覚は格別だ。ギアボックスは8段AT。ドイツ本国ではオプションのDRC(ダイナミック ライド コントロール)付きスポーツサスペンションを標準装備する。しかし、それでいてしなやかな乗り心地に驚かされる。まさに洗練の塊だ。

▲ベーシックモデルのA7。バンパーやテールパイプの形状を変更、リアコンビランプにもLEDを採用する ▲ベーシックモデルのA7。バンパーやテールパイプの形状を変更、リアコンビランプにもLEDを採用する
▲MMIも進化し、携帯回線で接続するアウディコネクトを導入。RS7の本革シートはハニカムパターンに ▲MMIも進化し、携帯回線で接続するアウディコネクトを導入。RS7の本革シートはハニカムパターンに
▲アイドリングストップなどに加え、V8エンジンには気筒休止システムを採用。RS7の0→100km/h加速は3.9秒 ▲アイドリングストップなどに加え、V8エンジンには気筒休止システムを採用。RS7の0→100km/h加速は3.9秒

【SPECIFICATIONS】
■グレード:RS7 SPORTBACK ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3992cc
■最高出力:560/5700-6600[ps/rpm]
■最大トルク:700/1750-5500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:5010×1910×1425(mm) ■ホイールベース:2915mm
■車両重量:2050kg
■車両本体価格:1772万円(税込)

text/藤野太一 photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027