新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント/オールトラックは家族もよろこぶ我儘カー / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント/オールトラックは家族もよろこぶ我儘カー / navi

(2015/07/03)

▲Rヴァリアントもオールトラックも車は間違いなくいいから、家族も喜んで賛同してくれるはず。だから、我儘を通さなくても買えるという意味で70%と辛めの採点をした。あまりにスタビリティが高いので、腕利きには物足りないと思われかねない点も心配だ▲Rヴァリアントもオールトラックも車は間違いなくいいから、家族も喜んで賛同してくれるはず。だから、我儘を通さなくても買えるという意味で70%と辛めの採点をした。あまりにスタビリティが高いので、腕利きには物足りないと思われかねない点も心配だ

4WDで個性を磨いたふたつのゴルフ ヴァリアント

試乗して最初に驚いたのはボディ剛性の高さ。もちろん、ゴルフ7のボディがあきれるくらい頑丈なのは知っているけれど、ワゴンのヴァリアントはそれより50cm以上も全長が長いから、それだけボディの空洞部分が大きくなって剛性的には不利なはず。しかも、これまで日本仕様のゴルフ ヴァリアントは基本的にメキシコ製だったことも手伝って、普通のハッチバックよりもボディ剛性が低いというイメージがなんとなく頭にこびりついていた。

けれども、“7”のヴァリアントはハッチバックと比べてもまるで見劣りしない。そしてこの優れたボディ剛性が、ゴルフ R ヴァリアントの走りを支えるうえでとても大きな役割を果たしていたのである。

まずは高速コーナリング時の安定性が抜群に高い。スペイン南部で行われた今回の試乗会ではアスカリ・サーキットでの走行もメニューに含まれていたが、その高速コーナーを限界近いペースで走っていても、走行ラインはぴったりと安定したまま。これだったら300psのエンジンパワーを安心して引き出せる(日本仕様は280psとなる予定)。乗り心地だって決して悪くない。特にドライビングモードでコンフォートを選べば家族から苦情が出る心配はないはずだ。

「ゴルフ ヴァリアントの4WDは欲しいけど、Rほど速くなくてもいい」という向きには新登場のゴルフ オールトラックがオススメ。通常のヴァリアントより車高を20mm高め、ルーフレールなどでお化粧直ししたオールトラックは最近はやりのクロスオーバーといった佇まい。日本仕様は、とりあえず1.8TSIでデビューしたのち、待望久しいターボディーゼルエンジンがついに導入されるそうだから、こちらも楽しみだ。

▲オールトラックはヒルディセント機能などを備え、SUVに近いオフロード性能をもつ ▲オールトラックはヒルディセント機能などを備え、SUVに近いオフロード性能をもつ
▲RにはCarbon Raceデザインのトリムやスポーツシートを採用。モニターには専用のスタートメニューが表示される ▲RにはCarbon Raceデザインのトリムやスポーツシートを採用。モニターには専用のスタートメニューが表示される
▲ハッチバックのRと同じ直噴ターボを搭載。コースティング機能が備わった6速DSGを組み合わせる ▲ハッチバックのRと同じ直噴ターボを搭載。コースティング機能が備わった6速DSGを組み合わせる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:R Variant ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1984cc
■最高出力:280/5100-6500[ps/rpm]
■最大トルク:380/1800-5100[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6DCT
■全長×全幅×全高:4596×1800×1465(mm) ■ホイールベース:2635mm
■車両重量:1560kg

text/大谷達也 photo/フォルクスワーゲン グループ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027