新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ シャトルの3モデルを乗り比べ。バランスが良かったのはハイブリッド Xの2WDだった / navi

クルマニュース

ホンダ シャトルの3モデルを乗り比べ。バランスが良かったのはハイブリッド Xの2WDだった / navi

(2015/07/07)

▲今回の試乗は高速とワインディング両方で行った。試乗コースとしては足回りやパワ-トレインなどの総合力が試される理想的な組み合わせだ▲今回の試乗は高速とワインディング両方で行った。試乗コースとしては足回りやパワ-トレインなどの総合力が試される理想的な組み合わせだ

シャトルは抜群の走行安定性を備えたコンパクトワゴンだった

ホンダが今年5月に発売したコンパクトステーションワゴン、シャトル。広い室内空間や高い質感を持ちつつ、日本の道路事情から取り回しの良い車を欲すユーザーへ向けたモデルだ。

まず上級グレードのハイブリッド Z。5ナンバーサイズのハイブリッドステーションワゴンとしては初の4WD設定に、高速道路とワインディングの両方で試乗した。4WD仕様に採用されている専用のリアサスペンションのおかげで、しっかりと路面に追従し、安定感のある走りが味わえた。剛性も高く不愉快なバイブレーションもないので、乗り心地も良い。ワゴンである上に4WDという万能さは多くのユーザーにとって魅力だろう。

続いてガソリンエンジンモデル。シャトルの中ではベーシックなグレードだ。短時間の試乗ではあったが、ハイブリッドZ(4WD)より約180kg軽いとあってハンドリングは軽快。ただキビキビとした走りではあるものの、ハイブリッド車よりもエンジンノイズが気になった。また乗り心地については路面からの振動をいなしきれていない印象だ。これはパワートレインの違いというより、ハイブリッドX、Zに標準装備されている振幅感応型のダンパーが装着されていないなど足回りのセッティングが異なっているためであろう。

最後は中間グレードであるハイブリッド Xの2WD仕様に試乗した。4WDよりも軽快な走りで、乗り心地も良い。エンジンの静粛性が高く振動も少ないため、快適なドライブを楽しむことができるだろう。フィットで培われたエンジンとモーター、トランスミッションのマッチングの良さに加えて、車重や足回りなどすべての要素のバランスが取れているのがこのグレードといって良い。ベースとなったフィットよりもワンランク上の質感と、ワゴンならではの使い勝手が楽しめるだろう。

▲フィットシャトルに比べホイールベースを30mm延長し、広い室内空間を実現。全高は1545mm(2WD)と立体駐車場にも入る ▲フィットシャトルに比べホイールベースを30mm延長し、広い室内空間を実現。全高は1545mm(2WD)と立体駐車場にも入る
▲ラゲージ容量は5ナンバーサイズのステーションワゴン最大の570Lを確保。ハイブリッドX、Gグレードには後席背面に小物などを置けるマルチユースバスケットが備わる ▲ラゲージ容量は5ナンバーサイズのステーションワゴン最大の570Lを確保。ハイブリッドX、Gグレードには後席背面に小物などを置けるマルチユースバスケットが備わる
▲1.5L直4エンジン+モーターのHVモデルはJC08モードで最大34.0km/ Lの低燃費を誇る ▲1.5L直4エンジン+モーターのHVモデルはJC08モードで最大34.0km/ Lの低燃費を誇る
▲大型のソフトパッドを贅沢に使用したインテリア ▲大型のソフトパッドを贅沢に使用したインテリア

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HYBRID Z ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:81(110)/6000+22(29.5)/1313~2000[kw(ps)/rpm]
■最大トルク:134(13.7)/5000+160(16.3)/0~1313[N・m(kg・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4400×1695×1570(mm) ■ホイールベース:2530mm
■車両重量:1300kg
■JC08モード燃費:25.8km/L
■車両本体価格:254万2000円(税込)

■グレード:HYBRID X ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:81(110)/6000+22(29.5)/1313~2000[kw(ps)/rpm]
■最大トルク:134(13.7)/5000+160(16.3)/0~1313[N・m(kg・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4400×1695×1545(mm) ■ホイールベース:2530mm
■車両重量:1220kg
■JC08モード燃費:32.0km/L
■車両本体価格:219万円(税込)

■グレード:G ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■最高出力:97(132)/6600[kw(ps)/rpm]
■最大トルク:155(15.8)/4600[N・m(kg・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4400×1695×1545(mm) ■ホイールベース:2530mm
■車両重量:1130kg
■JC08モード燃費:21.8km/L
■車両本体価格:169万円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一、尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
8
down
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027