新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型スズキ アルトラパンは可愛い“だけ”ではない!デザインと走りの両面で底力を感じた / navi

クルマニュース

新型スズキ アルトラパンは可愛い“だけ”ではない!デザインと走りの両面で底力を感じた / navi

(2015/07/16)

▲女性向けぬくもりデザインの3代目アルトラパンは走りも実力派▲女性向けぬくもりデザインの3代目アルトラパンは走りも実力派

3代目アルトラパンのデザインはどこか懐かしさを感じさせる

誕生以来、その可愛らしさから若い層に支持されてきたアルトラパンも、今回の新型で3代目になる。スズキのうたう「ぬくもりを感じるこだわりのデザイン」とはいったいどんなものだろうか。

エクステリアはクラシカルな直線とアールを使ったフォルムが特徴だ。可愛いだけでなく飽きのこないデザインは、どことなく50年代のアメリカ車のような懐かしさを感じる。若い世代であれば、逆に新しさを感じるに違いない。

絞り込まれたクオーターパネル(リアのフェンダー部分)もプレスラインによって小型ながら質感が高く見え、愛着が湧く。フェンダーの樹脂は色を使って処理がされており、個性を感じさせる。エンジンフードとフロントからリアにかけてのウエストラインは低く、運転時の見切りも良い。

インテリアに関しては、特にダブルステッチを施している凝ったデザインのシートが印象的であった。中身はウレタンスポンジを使用しているので、ソフトな座り心地だ。

走りはスムーズ。静粛性の高さも好印象

では、走行感はどうか。エンジンを始動し、Dレンジに入れる。クリープの振動は小さい。搭載されているのは3気筒NAユニットで、決してパワーがあるわけではないが、スムーズに走る。これはエンジンと組み合わされている改良型のCVTの恩恵が大きいのであろう。

驚かされたのは静粛性がとても高いことだ。タイヤまわりの風切り音を上手にいなしているし、エンジンの音も常用回転領域では静かだ。アイドルストップの状態から走り出すときなど、ドライバーはエンジンが再始動したことに気がつかないのではないかと感じられるほどであった。

高速領域での力強い加速や、激しいアップダウンがあるような状況で必要となってくるようなパワフルな走りさえ求めなければ、街中での走りには全く問題がない。

骨格は新型アルトのプラットフォームを使っているラパンであるが、仕上がりはアルト以上だろう。デザイン面、走行面を総合すると、かなり底力のある車であった。

▲ぬくもりを感じるこだわりのデザインは「まる しかくい」を追求 ▲ぬくもりを感じるこだわりのデザインは「まる しかくい」を追求
▲インテリアは「わたしの部屋」をコンセプトにくつろげる空間を演出。ガラスエリアは広く、視界も十分確保 ▲インテリアは「わたしの部屋」をコンセプトにくつろげる空間を演出。ガラスエリアは広く、視界も十分確保
▲JC08モードで35.6km/Lと燃費を大幅に向上させた改良型のR06A型エンジン ▲JC08モードで35.6km/Lと燃費を大幅に向上させた改良型のR06A型エンジン

【SPECIFICATIONS】
■グレード:X ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3 ■総排気量:658cc
■最高出力:38(52)/6500[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:63(6.4)/4000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1525(mm) ■ホイールベース:2460mm
■車両重量:680kg
■JC08モード燃費:35.6km/L
■車両本体価格:138万9960円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一、尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027