新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー XEは走りの味が徹底的に追求されている / navi

クルマニュース

ジャガー XEは走りの味が徹底的に追求されている / navi

(2015/07/23)

▲エレガントなスタイリングは女性が乗っても絵になりそうだけれど、とにかく“走りの味”が濃いスポーティセダンなので、様々な車を乗り継いできた本物のエンスージャストにこそ乗って欲しい。インテリアの質感が多少低いことなんてきっと気にならないはず▲エレガントなスタイリングは女性が乗っても絵になりそうだけれど、とにかく“走りの味”が濃いスポーティセダンなので、様々な車を乗り継いできた本物のエンスージャストにこそ乗って欲しい。インテリアの質感が多少低いことなんてきっと気にならないはず

走りの味を徹底追究した新世代ジャガーの先鋒

海外のショー会場で対面したときにはややぼんやりした印象にとどまっていたスタイリングは、こうしてスペインの陽光の下で見るとシャープなエッジが浮かび上がり、シンプルなデザインにほどよいアクセントを加えてプロポーションのよさを際立たせている。

新開発の2L直4ディーゼルターボはスムーズで伸びやかなパワーをもたらすだけでなく、ディーゼルとは思えない澄んだ音色を奏でる。既存の2L直4ガソリンターボと3L V6ガソリンスーパーチャージドにだってなに一つ不満は思い浮かばなかった。

けれども、ジャガー XEに試乗してもっとも強く印象に残ったのは、足回りの巧みな仕立てだった。軽くその辺を走らせるだけなら、乗り心地の快適なセダンとしか感じられないかもしれない。けれども、ワインディングロードを飛ばし始めると、その印象は一変する。とにかくステアリングの微妙な操作にも正確に反応してくれるので、それこそcm単位で走行ラインをコントロールできる。それでいながら神経質なところは皆無。まるで乗り手の意図を的確に読み取るサラブレッドのように、どんな場面でも意のままに操れるのだ。

このXE、ジャガーがDセグメントに再進出する記念すべきモデルというだけでなく、今後登場するいくつかの主要モデルとボディ構造やパワープラントを共用する最重要なモデルでもある。ボディの75%以上に高価なアルミ素材を使ったり、リアにインテグラルリンクという凝った形式のサスペンションを投入したのがその証。

しかも新しいディーゼル・エンジンのためには工場を新設したほどの力の入れ具合なのだ。噛めば噛むほど、いや乗れば乗るほど味わい深く感じられるのは、彼らの努力を考えれば当然のことといえるだろう。

▲アンダーを抑えるトルクベクタリング・バイ・ブレーキを装着。ブランド初の車速感応式電動パワーステアリングも備えた▲アンダーを抑えるトルクベクタリング・バイ・ブレーキを装着。ブランド初の車速感応式電動パワーステアリングも備えた
▲Sに搭載される3Lスーパーチャージド。日本には2種類のガソリンと1種類のディーゼルターボが導入される ▲Sに搭載される3Lスーパーチャージド。日本には2種類のガソリンと1種類のディーゼルターボが導入される

【SPECIFICATIONS】
■グレード:XE S ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCスーパーチャージド ■総排気量:2994cc
■最高出力:340/6500[ps/rpm]
■最大トルク:450/3500[N・m/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4680×1850×1415(mm) ■ホイールベース:2835mm
■車両重量:1710kg ■車両本体価格:769万円(税込)

text/大谷達也 photo/ジャガー・ランドローバー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027