新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー Fタイプは品行方正な紳士への朗報となる車だ / navi

クルマニュース

ジャガー Fタイプは品行方正な紳士への朗報となる車だ / navi

(2015/07/24)

▲まぁ、4駆だろうが何だろうが、2ドア2シータークーペ&オープンというだけでかなり乗り手の我儘だ。AWDとなってスリルなく気軽に乗り倒せるという点をどう評価するか。それがうれしいという人、例えば電子制御慣れしたドイツ車乗りなんかには気分が変わっていいかも!▲まぁ、4駆だろうが何だろうが、2ドア2シータークーペ&オープンというだけでかなり乗り手の我儘だ。AWDとなってスリルなく気軽に乗り倒せるという点をどう評価するか。それがうれしいという人、例えば電子制御慣れしたドイツ車乗りなんかには気分が変わっていいかも!

もうフルスロットルでも怖くない!

年を取っても男の子でいたい。それも渋く品よく格好よく。そんなときイタリアンではちょっと脂っこい。イギリスのスポーツカーがちょうどいいのだけれど、品が良すぎず子供っぽくなくとなると選択肢はやっぱり限られてしまってジャガーくらいしか見当たらない。ところがジャガーにもこれまで適当な大人向けスポーツカーがなかった(XKは品が良すぎる部類に入る)。

13年にFタイプが登場すると状況が一変。Fタイプこそ大人の2シーターリアルスポーツだろう。特にクーペがいい。誰もが格好いいと認めるスポーツカースタイル。V6とV8どっちがいいと聞かれりゃ、そりゃ高い方となるけどいかんせんFRで550psはオソロシイ。完全にじゃじゃ馬の部類だった。

ありゃちょっと怖くて乗れない。そう思っていた品行方正な紳士の大人たちに朗報。なんとAWD(4WD)仕様が追加された。インハウス設計のコンパクトな電子制御4WDシステムを搭載することで、後輪が滑ったりオーバーステア状態になると必要な分だけ即座に前輪へ駆動を配るという優れモノ。

心配は代わりにいかにもFRらしいキレキレのハンドリングが損なわれてるんじゃないの? だったがそれも杞憂だった。ステアリングフィールは極めてナチュラル&シャープ。4WDを感じさせることなど皆無だ。新たに採用されたEPSのチューニング、ちょっとニンブルすぎるんじゃないかと思ったほどでFタイプらしい走りは健在だった。

それでいて不安定な姿勢や状態の悪い道でのフルスロットル加速も難なくこなす。まったくもって怖さがない。逆にFRのあのスリルが恋しくなったほどに!

安心して飛ばしたい向きにはオススメ。

▲2016年モデルよりRクーペにAWDモデルを追加。AWDにはトラクションの最適配分を行うIDD(インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス)が備わる▲2016年モデルよりRクーペにAWDモデルを追加。AWDにはトラクションの最適配分を行うIDD(インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス)が備わる
▲Sクーペには6MT搭載モデルが登場。V6スーパーチャージドと組み合わせられた ▲Sクーペには6MT搭載モデルが登場。V6スーパーチャージドと組み合わせられた
▲エンジンはV8に加え、340psと380psの3L V6スーパーチャージドを搭載する ▲エンジンはV8に加え、340psと380psの3L V6スーパーチャージドを搭載する

【SPECIFICATIONS】
■グレード:R COUPE AWD ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V8DOHCスーパーチャージド ■総排気量:4999cc
■最高出力:550/6500[ps/rpm]
■最大トルク:680/3500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4470×1925×1315(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両重量:1860kg ■車両本体価格:1397万円(税込)

text/西川淳 photo/ジャガー・ランドローバー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027