新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフRヴァリアントは精度と剛性感を体感できる1台だ / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフRヴァリアントは精度と剛性感を体感できる1台だ / navi

(2015/07/31)

▲ファミリーユースでガンガン乗ってほしい。ウィークエンドホッドロッドでは旦那にステアリングを譲り、普段は奥さんが乗ってもカッコイイ。腕を磨くのも悪くない。最速のワゴンが欲しい人にはこれだけの上物はない。燃費もこのパフォーマンスならば最高である▲ファミリーユースでガンガン乗ってほしい。ウィークエンドホッドロッドでは旦那にステアリングを譲り、普段は奥さんが乗ってもカッコイイ。腕を磨くのも悪くない。最速のワゴンが欲しい人にはこれだけの上物はない。燃費もこのパフォーマンスならば最高である

良質な骨格とはどんな形でも最高のドライビングを誘う

自動車はいかに骨格が大切か。ゴルフRヴァリアントのドアを閉めた瞬間、車の精度と各部の剛性感を身をもって感じる。こんな車はそうそうない。ゴルフRヴァリアントではさらに組み付け精度が向上したのだろう。ノーマルと比べて一切のボディ補強は行われていないというが、基本には手を入れないにせよ目に見えない部分で調整はしているのだろう。とても静粛性は高い。完成の域に達した6速DSGの極めて正確なシフト操作と確実なプログラムによって、4L級のトルクであってもギクシャク感なんて皆無である。

アダプティブシャシーコントロールのモードをノーマルのままで走ってみる。エンジンのピックアップも剛性感も申し分ない。どこから踏んでも気持ち良い加速とエグゾーストノートを奏でる。十分にスポーティなシャシーバランスだ。ヴァリアントにもかかわらず開口部の剛性感は全くといっていいほどゴルフRと変わらない。しかし、乗り心地の印象には落ち着きがあるように感じる。専用サスペンションの取り付け剛性も素晴らしく、絵に描いたラインをトレースして中高速コーナーを気持ちよく駆け抜ける。コーナリング中にボトムしても、増加した分の車重に関係なく、車の姿勢を変えずに挙動を乱すことなく、ゴルフRヴァリアントを平常心にさせるのだ。動力システム老舗のハルデックス社製4MOTIONシステムはさらに熟成を重ねて、駆動の重みなく前後のトルク配分を瞬時に行い常に安定した性能を提供する。

この性能にはゴルフに600万円を支払うほどの価値が、十分見いだせるとすればこの性能をおいてほかにない。気になるなら乗るべきであろう。極度にスタビリティの高いスポーツワゴンということは間違いない事実である。

▲20mm車高が下がる専用スポーツサスペンションを装着。バンパーなど専用エアロパーツも備わる ▲20mm車高が下がる専用スポーツサスペンションを装着。バンパーなど専用エアロパーツも備わる
▲専用のシフトノブやステアリング、レザーシートを採用。ブルーのアンビエントライトで雰囲気を高める ▲専用のシフトノブやステアリング、レザーシートを採用。ブルーのアンビエントライトで雰囲気を高める
▲最新ユニットをベースにピストンやインジェクション、ターボなどを新たに設計、最適化された ▲最新ユニットをベースにピストンやインジェクション、ターボなどを新たに設計、最適化された

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Golf R Variant ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1984cc
■最高出力:280/5100-6500[ps/rpm]
■最大トルク:380/1800-5100[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6DCT
■全長×全幅×全高:4595×1800×1465(mm) ■ホイールベース:2635mm
■車両重量:1560kg ■車両本体価格:559万円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一、大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027