新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサスポーツハイブリッドに試乗。パワートレインの変化が各部に相乗効果をもたらした / navi

クルマニュース

スバル インプレッサスポーツハイブリッドに試乗。パワートレインの変化が各部に相乗効果をもたらした / navi

(2015/08/04)

▲インプレッサスポーツのハイブリッドモデルが新登場▲インプレッサスポーツのハイブリッドモデルが新登場

ハイブリッド化で加速がスムーズに。低重心化で乗り心地も改善

XVハイブリッドに続くスバルのハイブリッド第2弾であるインプレッサスポーツ ハイブリッド。パワフルな加速としなやかな乗り心地を両立した走りが特徴だ。今回は丘のような軽いアップダウンのあるワインディングを中心に試乗した。

上り坂ではスポーティな加速感をはっきりと味わえる。その理由はハイブリッドシステムだ。もちろん2LエンジンとCVTの組み合わせはそれだけで十分にパワフルだが、低速時にモーターのアシストが加わることで、エンジンが最も効果的に働く回転域までベース車よりスムーズに加速ができるようになった。

加速と減速を頻繁に行ってみると、このエンジンとモーターの相互補完関係がより感じられる。加速はスポーティだが走り心地はしなやかで安定感のある印象だった。

これはベースとなったインプレッサスポーツよりも最低地上高が15mm低くなり、サスペンションの伸び縮みに余裕ができたことが原因だろう。そのため路面からの衝撃をサスペンションでより受け止められるようになった。

また一般的にストロークに余裕があるサスペンションは上り坂で加速したときにフロントが伸び上がって、前輪が空転気味になり不快な振動が伝わってしまいがちだ。しかし、状況に応じて駆動力を適切に配分するスバル独自の4WDシステムを搭載しており、こうした状況になるのを防いでくれている。やはりバイブレーションは感じなかった。またモーターの搭載で車重が増し、路面からの入力を抑え込んでいる影響もあるのだろう。

このハイブリッドモデルはエンジンとモーター、サスペンションなど、それぞれの要素が互いの弱点をカバーし合う優れたパッケージングである。インプレッサシリーズはこのモデルの登場でより深みを増したといってよいだろう。

▲ベースのインプレッサスポーツから全高を15mm、全幅は25mm拡大。対して最低地上高は15mm低くなった。ボディカラーは全6色展開 ▲ベースのインプレッサスポーツから全高を15mm、全幅は25mm拡大。対して最低地上高は15mm低くなった。ボディカラーは全6色展開
▲フロントシートは前方が見渡せるよう高めの位置に設定されている。上級グレードのSでは質感のよいウルトラスエードを採用 ▲フロントシートは前方が見渡せるよう高めの位置に設定されている。上級グレードのSでは質感のよいウルトラスエードを採用
▲バッテリーをラゲージルームの下に収めることでフラットな荷室スペースを実現 ▲バッテリーをラゲージルームの下に収めることでフラットな荷室スペースを実現
▲ベース車よりも一回り幅の広いタイヤを装備 ▲ベース車よりも一回り幅の広いタイヤを装備

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ハイブリッド 2.0i-S EyeSight ■乗車定員:5名
■エンジン種類:水平対向4DOHC+モーター ■総排気量:1995cc
■最高出力:110(150)/6000[kW(ps)/rpm]+10(13.6)[kW(ps)]
■最大トルク:196(20.0)/4200[N・m(kgf・m)/rpm]+65(6.6)[N・m(kgf・m)]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4420×1755×1490(mm) ■ホイールベース:2645mm
■車両重量:1500kg
■JC08モード燃費:20.4km/L
■車両本体価格:263万5200円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027