新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧全く別次元への進化を果たしたランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ / navi

クルマニュース

全く別次元への進化を果たしたランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ / navi

(2015/08/27)

▲ノーマルでも地球上で最もワガママなスーパーカーである。ワガママ度という意味では、このスーパーヴェローチェは屋上屋を重ねている。ノーマルシリーズに飽き足らなくなったオーナーは、むやみな改造にはしる前に、まず乗るべき。ロードスターも出るから、今からならまだ間に合うかも!▲ノーマルでも地球上で最もワガママなスーパーカーである。ワガママ度という意味では、このスーパーヴェローチェは屋上屋を重ねている。ノーマルシリーズに飽き足らなくなったオーナーは、むやみな改造にはしる前に、まず乗るべき。ロードスターも出るから、今からならまだ間に合うかも!

コペルニクス的転回性能を得た最強スーパーカー

ところはスペイン、カタロニアサーキット。F1で有名なこのGPコースで、ランボルギーニの最新兵器、アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェの国際試乗会が開催されたわけだが……。

今まで数多のサーキット試乗会に出席した筆者もこれほど速くてファンでスリリングなテストは初めてだった。イン&アウトラップ含め5周を1セットとして計3セット乗ることができたが、セットを終えるごとにペースは早まってゆき、脳みそは痺れ、身体の節々がきしみ、汗が噴き出すほどに、SVの底力を引き出す。もう2セットも走れば、きっとDTMばりに互いをヒットしあうバトルになってしまっていたことだろう!

ベースモデルとまったく違うのは、ハンドリングのシャープさとよく粘る足回りのフィール。それを生み出した直接的な要因は、ウラカンに積まれた2つのシステム、LDS(ダイレクトステアリング)とMRS(マグネティックライド)を積み込んだこと。これに高回転域でのパワーアップと効果的なダイエットが重ね合わさって、ベースモデルとはまるでキャラの異なる、サーキットファンなマシンに仕上がっていたのだ。

とにかくフロントの食いつきが凄まじい。内への切り込み方もシャープで深かった。コーナリング中のリア回りは、路面への駆動伝達をしっかりとドライバーに伝え続けてくれる。だから、べらぼうに高いコーナリング速度であるにもかかわらず、がんがん踏んでいける。踏んでも踏み切れないくらいの懐の深さがあった。

加速そのものは、ノーマルと目立った違いはない。けれども、エグゾーストノートはよりラウドで、高回転域での伸びとパワー感が違う。フルスロットルに達したまだその先に、秘密のパワーボックスが隠されている、という感覚だ。全く別次元への進化を果たしたと言っていい。

▲ベースモデルより55㎜長いボディ、前後重量配分は43:57。軽量なハルデックス4タイプ電子制御式4WDを搭載 ▲ベースモデルより55㎜長いボディ、前後重量配分は43:57。軽量なハルデックス4タイプ電子制御式4WDを搭載
▲室内も軽量化。カーボンむき出しのフロア、シンプルなカーボンドアパネルでスパルタンなスタイル ▲室内も軽量化。カーボンむき出しのフロア、シンプルなカーボンドアパネルでスパルタンなスタイル

【SPECIFICATIONS】
■グレード:LP750-4 SUPERVELOCE ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:6498cc
■最高出力:750/8400[ps/rpm]
■最大トルク:690/5500[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7SCT
■全長×全幅×全高:4835×2030×1136(mm) ■ホイールベース:2700mm
■車両重量:1525kg

text/西川淳 photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027