新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェは限界を引き出せるスーパーカーである / navi

クルマニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェは限界を引き出せるスーパーカーである / navi

(2015/08/31)

▲自然吸気エンジンの、しかも超高回転型V12エンジンはフェラーリと並ぶ希少種。環境問題を考えればいつ消え去ってもおかしくない運命のうえ、SVは世界限定600台で日本販売分はすでに完売ともいわれる。見つけた時点で即決しないと間違いなく手遅れになるだろう▲自然吸気エンジンの、しかも超高回転型V12エンジンはフェラーリと並ぶ希少種。環境問題を考えればいつ消え去ってもおかしくない運命のうえ、SVは世界限定600台で日本販売分はすでに完売ともいわれる。見つけた時点で即決しないと間違いなく手遅れになるだろう

際立つ“超軽量級ハンドリング”

カタロニア・サーキットのコーナーを2つほど曲がると、新しいランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ(SV)が“ノーマル・アヴェンタドール”とまったく異なるハンドリングの持ち主であることがわかった。絶対的安心感をもたらすがゆえに、どっしりとしたイメージから抜けきれなかった“ノーマル”に比べると、SVははるかに鋭敏で、ドライバーのステアリング操作に瞬時に応えてくれるのだ。そのレスポンスは、ちょっと乱暴に操舵するとまるで横っ飛びしていくかのような鋭さで、「コイツは簡単にリアのグリップを失いかねない“じゃじゃ馬”、いや“じゃじゃ牛”に違いない」なんて不安を抱かせるほどだった。

けれども、2周、3周と走り込んでいくうちに、たしかにステアリング・レスポンスは鋭いけれど、完全にコントロールを失ってしまうほどリアのグリップレベルが低いわけでもないことがわかってくる。逆に、アペックスまでスロットルオンを我慢できれば、そこから先はどんなに右足に力を込めてもリアタイヤはしっかりとグリップしたまま。そして久々にSVの名が与えられた猛牛は、ノーマルに50ps上乗せされて750psとなった6.5L V12エンジンのパワーを四輪で叩きつけるように路面に伝えていくのである。

だからといって、SVの足回りはただ従順なだけの退屈な設定にはなっていない。ターンインではスロットルの踏み込み量によってコーナーへのアプローチアングルをコントロールできるし、強めのブレーキングを残したまま低速シケインに進入すればコーナー初期のオーバーステアを誘発することも可能。つまり、思いどおりに振り回す余地は残されているのだ。

マクラーレン 650Sに始まってフェラーリ 458スペチアーレにも受け継がれた「限界を引き出せるスーパーカー」の遺伝子は、このSVにも間違いなく息づいている。

▲迫力のスタイリングは軽量化と空力性能向上の結果。カーボン製の固定式スポイラーは手動で3ポジション変更可能 ▲迫力のスタイリングは軽量化と空力性能向上の結果。カーボン製の固定式スポイラーは手動で3ポジション変更可能
▲カーボンシェルを用いた新デザインのスポーツバケットシートを装着。ドアノブ代わりにレザーストラップが付く ▲カーボンシェルを用いた新デザインのスポーツバケットシートを装着。ドアノブ代わりにレザーストラップが付く
▲0→100㎞/h加速はベーシックモデルより0.1秒速い2.8秒。シングルクラッチの7速ISRを組み合わせる ▲0→100㎞/h加速はベーシックモデルより0.1秒速い2.8秒。シングルクラッチの7速ISRを組み合わせる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:LP750-4 SUPERVELOCE ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:6498cc
■最高出力:750/8400[ps/rpm]
■最大トルク:690/5500[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7SCT
■全長×全幅×全高:4835×2030×1136(mm) ■ホイールベース:2700mm
■車両重量:1525kg

text/大谷達也 photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027