新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ R8は優れたバランス感覚を持つモデルだ / navi

クルマニュース

アウディ R8は優れたバランス感覚を持つモデルだ / navi

(2015/09/03)

▲スーパースポーツを買うということは、完璧なる我儘。けれどもこの新型R8は、普通に走ればアウディの最高級サルーンといった乗り味。ドアは2枚しかないけれど、これだけの実用性があれば少しワガママ度を割り引いて考えてあげてもいいのでは▲スーパースポーツを買うということは、完璧なる我儘。けれどもこの新型R8は、普通に走ればアウディの最高級サルーンといった乗り味。ドアは2枚しかないけれど、これだけの実用性があれば少しワガママ度を割り引いて考えてあげてもいいのでは

望まれていることを熟知したスーパースポーツ

アウディのミッドシップ・スーパースポーツ、R8がフルモデルチェンジされた。先代はガヤルドと、そしてこの新型ではウラカンとメカニズムの多くを共通するR8だけに、そのキャラクターの違いが最も注目すべきところだった。

スタンダードな540psモデルと、「Plus」と呼ばれる610psの高性能仕様があるが、ウラカンに等しいスペックは後者の方。試乗車としてこの「Plus」をチョイスした。

ランボルギーニももちろん、ニューモデルの投入後に、その魅力をさらに高めるためのアップデートには積極的だが、新型R8のステアリングを握って、まず印象的だったのは、後発モデルとしての優位性だ。加えてアウディは、自らのスーパースポーツに何が望まれるのかを熟知している。それはウラカンよりもさらに実用的で、また快適なスーパースポーツ。アルミとカーボンによるハイブリッド構造のスペースフレームは、ウラカンではその剛性感、あるいは軽量性をまず魅力として感じたが、R8の場合にはそれ自身の剛性、あるいはサスペンション剛性が生み出す素晴らしい乗り心地が大きな魅力として伝わってくる。

スーパースポーツとしてのスパルタンさがダイレクトに表れてくるのは、ステアリングホイールにレイアウトされる「アウディドライブセレクト」のスイッチでダイナミックモードを選択してからだ。エグゾーストノートは明確にそのボリュームを高め、マグネティックライドを採用したサスペンションやステアリングもさらにスポーティな感触になる。最新の4WDシステムによるスタビリティは、もちろんどのモードでも同様。オンロードを走るスーパースポーツとして、新型R8は最も優れたバランス感覚を持つモデルではないのか。それが確信できたドライブだった。

▲最新ブランドデザインを採用、サイドブレードは2分割とされた。レーザーハイビームもオプションで備わる ▲最新ブランドデザインを採用、サイドブレードは2分割とされた。レーザーハイビームもオプションで備わる
▲気筒休止やコースティング機能なども備え、燃費は約13%向上。0→100km/h加速は3.2秒 ▲気筒休止やコースティング機能なども備え、燃費は約13%向上。0→100km/h加速は3.2秒
▲レザーのスポーツシートを標準装備。V10プラスには軽量バケットシートも用意されている ▲レザーのスポーツシートを標準装備。V10プラスには軽量バケットシートも用意されている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:5.2 FSI quattro ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V10DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:610/8250[ps/rpm]
■最大トルク:560/6500[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4426×1940×1240(mm) ■ホイールベース:2650mm
■車両重量:1454kg

text/山崎元裕 photo/アウディ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【新型】三菱 eKワゴン|使いやすさを追求したベーシック軽(2019/09/22)
【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス(2019/09/20)
【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!(2019/09/19)
【新型】トヨタ RAV4|アメリカで大人気のSUVが2年8ヵ月ぶりに日本凱旋(2019/09/17)
【新型】トヨタ スープラ|17年ぶりに復活したトヨタのピュアスポーツモデル(2019/09/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027