新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 218d アクティブツアラーは余裕に満ちた走りを堪能できる優雅なミニバンである / navi

クルマニュース

BMW 218d アクティブツアラーは余裕に満ちた走りを堪能できる優雅なミニバンである / navi

(2015/09/08)

▲ファミリー層にピッタリのモデルである。FFとかFRとか言わずデザインと雰囲気で乗り、しかも燃費と走りはおまけで付いてきたような顔して扱ってほしい。本当に心と懐に余裕がある人が好むモデルだと思う。何年乗っても雰囲気も変わらない▲ファミリー層にピッタリのモデルである。FFとかFRとか言わずデザインと雰囲気で乗り、しかも燃費と走りはおまけで付いてきたような顔して扱ってほしい。本当に心と懐に余裕がある人が好むモデルだと思う。何年乗っても雰囲気も変わらない

真髄は動力と駆動方式を超越したハンドリングにある

BMWがFFという駆動方式を採用したことを残念に思う人は、かなりのエンスージアストである。しかし“2シリーズアクティブツアラー”をドライブすればその気持ちは吹き飛ぶに違いない。特にワインディングでは、BMW特有のFRのスポーティ&ラグジュアリーを垣間見ることができるからだ。

スポーティなモデルは踏み込めば加速する軽快さが何よりも大切だ。2Lのモジュラーエンジンとなるディーゼルは、最高出力よりもトルク特性を重視した仕様で、山間部でもグッと踏み込めば包容力のあるトルクがラグジュアリーな加速へと誘う。例えばタイトでツイスティーなコーナーが連続する首都高速でもスムーズで確実なハンドリングでターンインができる。細かなアンジュレーションはタイヤからのインフォメーションで理解できるが、ダイレクトなステアリングへの影響は寛容に受け止める。これが新しいBMWの方向性かと思うフィールだ。

そしてこのセグメントでラグジュアリーなエッセンスを持ったモデルが少ないだけに、上品なマテリアルを使ったベージュの色使いとウッドとメタルの使い方はクルーザーにも似た雰囲気を感じる。しかし真髄はBMWの他の4気筒ディーゼルと比べてエンジンがとても静かに仕上がっているところだろう。エンジン内部の変更というよりも既存のユニットで多段階式の燃焼のコントロールを変更して得た静粛性であるという。要するに3シリーズでも搭載していない最新の4気筒エンジンを搭載しているということなのである。

ファミリーパーパスで長距離と余裕に満ちた走りを堪能できる優雅なミニバン、それがディーゼルエンジンを搭載した2シリーズアクティブツアラーなのだ。

▲ベーシックモデルに加え、ラグジュアリーとスポーティなMスポーツをラインナップ ▲ベーシックモデルに加え、ラグジュアリーとスポーティなMスポーツをラインナップ
▲他グレード同様,BMWらしいスポーティな運転席まわり。後席も前後スライドが可能に ▲他グレード同様、BMWらしいスポーティな運転席まわり。後席も前後スライドが可能に
▲可変ジオメトリー・ターボなどを備える直4ディーゼルを搭載。JC08モードを22.2km/Lとした ▲可変ジオメトリー・ターボなどを備える直4ディーゼルを搭載。JC08モードを22.2km/Lとした

【SPECIFICATIONS】
■グレード:218d ACTIVE TOURER Luxury ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1995cc
■最高出力:150/4000[ps/rpm]
■最大トルク:330/1750-2750[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4350×1800×1550(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1500kg
■車両本体価格:402万円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 マツダ MAZDA3|新型プラットフォームが素晴らしい! これからどんなふうに進化していくのか楽しみなモデルだ(2019/07/18)
【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに(2019/07/18)
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027