新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 218d アクティブツアラーは余裕に満ちた走りを堪能できる優雅なミニバンである / navi

クルマニュース

BMW 218d アクティブツアラーは余裕に満ちた走りを堪能できる優雅なミニバンである / navi

(2015/09/08)

▲ファミリー層にピッタリのモデルである。FFとかFRとか言わずデザインと雰囲気で乗り、しかも燃費と走りはおまけで付いてきたような顔して扱ってほしい。本当に心と懐に余裕がある人が好むモデルだと思う。何年乗っても雰囲気も変わらない▲ファミリー層にピッタリのモデルである。FFとかFRとか言わずデザインと雰囲気で乗り、しかも燃費と走りはおまけで付いてきたような顔して扱ってほしい。本当に心と懐に余裕がある人が好むモデルだと思う。何年乗っても雰囲気も変わらない

真髄は動力と駆動方式を超越したハンドリングにある

BMWがFFという駆動方式を採用したことを残念に思う人は、かなりのエンスージアストである。しかし“2シリーズアクティブツアラー”をドライブすればその気持ちは吹き飛ぶに違いない。特にワインディングでは、BMW特有のFRのスポーティ&ラグジュアリーを垣間見ることができるからだ。

スポーティなモデルは踏み込めば加速する軽快さが何よりも大切だ。2Lのモジュラーエンジンとなるディーゼルは、最高出力よりもトルク特性を重視した仕様で、山間部でもグッと踏み込めば包容力のあるトルクがラグジュアリーな加速へと誘う。例えばタイトでツイスティーなコーナーが連続する首都高速でもスムーズで確実なハンドリングでターンインができる。細かなアンジュレーションはタイヤからのインフォメーションで理解できるが、ダイレクトなステアリングへの影響は寛容に受け止める。これが新しいBMWの方向性かと思うフィールだ。

そしてこのセグメントでラグジュアリーなエッセンスを持ったモデルが少ないだけに、上品なマテリアルを使ったベージュの色使いとウッドとメタルの使い方はクルーザーにも似た雰囲気を感じる。しかし真髄はBMWの他の4気筒ディーゼルと比べてエンジンがとても静かに仕上がっているところだろう。エンジン内部の変更というよりも既存のユニットで多段階式の燃焼のコントロールを変更して得た静粛性であるという。要するに3シリーズでも搭載していない最新の4気筒エンジンを搭載しているということなのである。

ファミリーパーパスで長距離と余裕に満ちた走りを堪能できる優雅なミニバン、それがディーゼルエンジンを搭載した2シリーズアクティブツアラーなのだ。

▲ベーシックモデルに加え、ラグジュアリーとスポーティなMスポーツをラインナップ ▲ベーシックモデルに加え、ラグジュアリーとスポーティなMスポーツをラインナップ
▲他グレード同様,BMWらしいスポーティな運転席まわり。後席も前後スライドが可能に ▲他グレード同様、BMWらしいスポーティな運転席まわり。後席も前後スライドが可能に
▲可変ジオメトリー・ターボなどを備える直4ディーゼルを搭載。JC08モードを22.2km/Lとした ▲可変ジオメトリー・ターボなどを備える直4ディーゼルを搭載。JC08モードを22.2km/Lとした

【SPECIFICATIONS】
■グレード:218d ACTIVE TOURER Luxury ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1995cc
■最高出力:150/4000[ps/rpm]
■最大トルク:330/1750-2750[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4350×1800×1550(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1500kg
■車両本体価格:402万円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027