新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボの新世代ディーゼルエンジン「D4」は乗り味、使いやすさ、経済性ともに抜群である / navi

クルマニュース

ボルボの新世代ディーゼルエンジン「D4」は乗り味、使いやすさ、経済性ともに抜群である / navi

(2015/09/09)

▲先進安全装備「インテリセーフ10」の全車標準装備をはじめ、輸入Cセグメントカーへの日本初のクリーンディーゼル搭載など、ボルボの志の高さが伝わってくる戦略に拍手。家族との交渉は我儘になる必要はなく、大人の配慮でもってじっくりと説明するが吉▲先進安全装備「インテリセーフ10」の全車標準装備をはじめ、輸入Cセグメントカーへの日本初のクリーンディーゼル搭載など、ボルボの志の高さが伝わってくる戦略に拍手。家族との交渉は我儘になる必要はなく、大人の配慮でもってじっくりと説明するが吉

クリーンディーゼルの大波に真っ向勝負

ボルボが大勝負に出る。日本にもようやく訪れた波に乗って主力モデルであるV40/V40 CrossCountry/S60/V60/XC60の5車種にクリーンディーゼルを一挙投入するという。これは現ラインナップの約9割を占めるものだ。近年、ボルボはパワートレインを新世代のDrive-Eに置き換えてきた。主なガソリン仕様は2L 4気筒の「T4」や「T5」で、一方でこのディーゼルは「D4」と呼ばれる。

新世代の2L 4気筒ターボディーゼル「D4」と8速ATの組み合わせは、先の5車種いずれも共通のものだ。最高出力は190馬力と目を見張るほどではないが、特筆すべきはそのトルクだ。400Nmを1750回転から発揮するわけで、V40シリーズだろうが60シリーズだろうが関係なくグイグイ走る。ちなみにいま日本に正規輸入されているCセグメントカーでクリーンディーゼルを搭載しているのは、このV40シリーズのみだ。

V40 CrossCountryとS60 R-DESIGNに続けて試乗した。車外にいればもちろんそれと分かるが、最新世代エンジンだけあってディーゼル音は低く抑えられている。40と60を比べれば、さすがに車格が上なだけあって60の方が遮音が利いている。両モデルともガソリンモデル比で約30kgの重量増に抑えられているが、40はよりツアラー志向の性格を強めていた。

一方のS60は18インチタイヤを履くスポーティな足回りのR-DESIGNだったこともあり、重さを感じさせないバランスの良さが特徴だ。ちなみにいずれもガソリン+25万円という戦略的価格で、エコカー減税により取得税&重量税は免税となる。燃費は20km/L超、燃料費の安い軽油であることもあいまって、年間1万km走行するとしてボルボの試算ではV60「T4」と「D4」のコスト差は約3年で回収できるという。この波、乗ってしまって損はないと思う。

▲ボルボらしいデザイン処理がされたリアビュー。サイズも扱いやすく、都市部での利用にも最適 ▲ボルボらしいデザイン処理がされたリアビュー。サイズも扱いやすく、都市部での利用にも最適
▲18.6~20.9km/Lという燃費を誇るD4エンジン。乗り味、使いやすさ、経済性が大きな武器となる ▲18.6~20.9km/Lという燃費を誇るD4エンジン。乗り味、使いやすさ、経済性が大きな武器となる
▲D4グレードが用意されるのはV40、V40クロスカントリー、S60、V60、XC60となる ▲D4グレードが用意されるのはV40、V40クロスカントリー、S60、V60、XC60となる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:V40 D4 SE ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:190/4250[ps/rpm]
■最大トルク:400/1750-2500[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4370×1800×1440(mm) ■ホイールベース:2645mm
■車両重量:1540kg
■車両本体価格:399万円(税込)

text/藤野太一 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027