新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボの新世代ディーゼルエンジン「D4」は乗り味、使いやすさ、経済性ともに抜群である / navi

クルマニュース

ボルボの新世代ディーゼルエンジン「D4」は乗り味、使いやすさ、経済性ともに抜群である / navi

(2015/09/09)

▲先進安全装備「インテリセーフ10」の全車標準装備をはじめ、輸入Cセグメントカーへの日本初のクリーンディーゼル搭載など、ボルボの志の高さが伝わってくる戦略に拍手。家族との交渉は我儘になる必要はなく、大人の配慮でもってじっくりと説明するが吉▲先進安全装備「インテリセーフ10」の全車標準装備をはじめ、輸入Cセグメントカーへの日本初のクリーンディーゼル搭載など、ボルボの志の高さが伝わってくる戦略に拍手。家族との交渉は我儘になる必要はなく、大人の配慮でもってじっくりと説明するが吉

クリーンディーゼルの大波に真っ向勝負

ボルボが大勝負に出る。日本にもようやく訪れた波に乗って主力モデルであるV40/V40 CrossCountry/S60/V60/XC60の5車種にクリーンディーゼルを一挙投入するという。これは現ラインナップの約9割を占めるものだ。近年、ボルボはパワートレインを新世代のDrive-Eに置き換えてきた。主なガソリン仕様は2L 4気筒の「T4」や「T5」で、一方でこのディーゼルは「D4」と呼ばれる。

新世代の2L 4気筒ターボディーゼル「D4」と8速ATの組み合わせは、先の5車種いずれも共通のものだ。最高出力は190馬力と目を見張るほどではないが、特筆すべきはそのトルクだ。400Nmを1750回転から発揮するわけで、V40シリーズだろうが60シリーズだろうが関係なくグイグイ走る。ちなみにいま日本に正規輸入されているCセグメントカーでクリーンディーゼルを搭載しているのは、このV40シリーズのみだ。

V40 CrossCountryとS60 R-DESIGNに続けて試乗した。車外にいればもちろんそれと分かるが、最新世代エンジンだけあってディーゼル音は低く抑えられている。40と60を比べれば、さすがに車格が上なだけあって60の方が遮音が利いている。両モデルともガソリンモデル比で約30kgの重量増に抑えられているが、40はよりツアラー志向の性格を強めていた。

一方のS60は18インチタイヤを履くスポーティな足回りのR-DESIGNだったこともあり、重さを感じさせないバランスの良さが特徴だ。ちなみにいずれもガソリン+25万円という戦略的価格で、エコカー減税により取得税&重量税は免税となる。燃費は20km/L超、燃料費の安い軽油であることもあいまって、年間1万km走行するとしてボルボの試算ではV60「T4」と「D4」のコスト差は約3年で回収できるという。この波、乗ってしまって損はないと思う。

▲ボルボらしいデザイン処理がされたリアビュー。サイズも扱いやすく、都市部での利用にも最適 ▲ボルボらしいデザイン処理がされたリアビュー。サイズも扱いやすく、都市部での利用にも最適
▲18.6~20.9km/Lという燃費を誇るD4エンジン。乗り味、使いやすさ、経済性が大きな武器となる ▲18.6~20.9km/Lという燃費を誇るD4エンジン。乗り味、使いやすさ、経済性が大きな武器となる
▲D4グレードが用意されるのはV40、V40クロスカントリー、S60、V60、XC60となる ▲D4グレードが用意されるのはV40、V40クロスカントリー、S60、V60、XC60となる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:V40 D4 SE ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1968cc
■最高出力:190/4250[ps/rpm]
■最大トルク:400/1750-2500[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4370×1800×1440(mm) ■ホイールベース:2645mm
■車両重量:1540kg
■車両本体価格:399万円(税込)

text/藤野太一 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
【試乗】新型 三菱 eKクロススペース|外観とは裏腹な、しなやかな乗り心地に好感(2020/08/20)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
up
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
5
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
6
up
【試乗】新型 日産 ルークス|競合スーパートールワゴンより確実に高い「質」を用意した1台(2020/08/17)
7
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
10
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027