新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱アウトランダーPHEVはマイナーチェンジを受け、走りが輸入車の高級SUV並みになった / navi

クルマニュース

三菱アウトランダーPHEVはマイナーチェンジを受け、走りが輸入車の高級SUV並みになった / navi

(2015/09/17)

▲三菱のラインナップの頂点に立つアウトランダーPHEV。その走りは輸入車のSUVたちとも十分に張り合えるほど高いレベルに仕上がっていた▲三菱のラインナップの頂点に立つアウトランダーPHEV。その走りは輸入車のSUVたちとも十分に張り合えるほど高いレベルに仕上がっていた

モーター駆動と足回りの改良で洗練された走りを実現

三菱のフラッグシップモデルといえるアウトランダーPHEV。今回のマイナーチェンジでは価格帯が約20万円上昇したが、走りの質はそれに見合ったものになっているだろうか。高速とワインディングで試乗した。

この車は前輪と後輪で別々のモーターによる駆動を行うため、4WDながら駆動輪は機械的にはつながっていない。ソフトウエアによる制御で前後輪を協調させるわけだが、それ自体は極めて難易度の高い技術だ。

だが、走り出してみると違和感は全くない。モーター駆動ならではのトルクフルで極めて静粛なスタートだ。ステアリングも重厚なフィーリングでありながら、ドライバーの操作に機敏に反応してくれる。輸入車の高級SUVを思わせるフィーリングで思わず顔がほころぶほどだ。

前半が緩く後半がきつい形状となっている高速道路入口のカーブに差し掛かる。しかし駆動力を最適に配分する4WDシステムのおかげで、タイヤに無理な負担をかけることなく駆け抜けることができた。以前と比べ最上級グレードで50kgほど増した車重が走りに安定感をもたらしている。

もちろん今回のマイナーチェンジで足回りのセッティングの改良が行われたことも寄与しているのだろう。ダンパーが上下の揺れをうまく吸収するようになり、不快なバイブレーションなどは感じさせない。

気になる点があるとすれば内装だ。特にシートの座面の長さが少々足りない。バックレストの長さとのバランスが取れていないのだ。運転席に座ると多少の違和感を覚えたのはそれが理由だった。これはドライビングにも関わりが深い点であるから、ぜひとも気を配ってほしいところである。

何もかもを1台に求めるのは酷かもしれないが、あえてそうしたくなるほどその走りは高いポテンシャルを秘めている。それに見合う内装の質感向上に期待したい。

▲パワートレイン自体はマイナーチェンジ前と同様ながら、制御システムの最適化によってJC08モードで20.2km/L(一部グレード除く)の低燃費を実現。電力のみでも約60km走ることができる ▲パワートレイン自体はマイナーチェンジ前と同様ながら、制御システムの最適化によってJC08モードで20.2km/L(一部グレード除く)の低燃費を実現。電力のみでも約60km走ることができる
▲駆動用のバッテリーから電力供給ができるAC電源を装備(100V、最大出力1500W)。なお、一部グレードではオプションとなる ▲駆動用のバッテリーから電力供給ができるAC電源を装備(100V、最大出力1500W)。なお、一部グレードではオプションとなる
▲内装ではメッキ調のパーツが多く使われ、高級感が演出されている ▲内装ではメッキ調のパーツが多く使われ、高級感が演出されている
▲PHEV専用デザインの18インチアルミホイールが装着される ▲PHEV専用デザインの18インチアルミホイールが装着される

【SPECIFICATIONS】
■グレード:G Premium Package ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1998cc
■最高出力:87(118)/4500+60(82)+60(82)[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:186(19.0)/4500+137(14.0)+195(19.9)[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:---
■全長×全幅×全高:4695×1800×1710(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1880kg
■JC08モード燃費:20.0km/L
■車両本体価格:459万円(税込)

■グレード:G Safety Package ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1998cc
■最高出力:87(118)/4500+60(82)+60(82)[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:186(19.0)/4500+137(14.0)+195(19.9)[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:---
■全長×全幅×全高:4695×1800×1710(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1840kg
■JC08モード燃費:20.2km/L
■車両本体価格:388万2600円(税込)

クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027