新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型トヨタ シエンタは多人数で快適に移動できる新世代ミニバンだ / navi

クルマニュース

新型トヨタ シエンタは多人数で快適に移動できる新世代ミニバンだ / navi

(2015/09/18)

▲先代の登場から12年、初のモデルチェンジとなったシエンタ。個性的なデザインのエクステリアをまとって登場した▲先代の登場から12年、初のモデルチェンジとなったシエンタ。個性的なデザインのエクステリアをまとって登場した

運転席でも2列目でも乗り心地は良好

柔らかな雰囲気でファミリー層に人気だった初代シエンタから12年。ついに新型が登場した。基本コンセプトは継承しているものの、デザインはチャレンジング。車種数が多いトヨタでなければできないことだろう。

まず新しく設定されたハイブリッドモデルに試乗する。モーターのみで駆動するEV走行を積極的に使い、走り出しは極めてなめらか。驚いたのは公道に出る際の段差のいなし方だ。というのも、あまりにもソフトなのだ。

サスペンションは低速から細かく動き、衝撃を素早く吸収している。ハイブリッドGの15インチ仕様と16インチ仕様を乗り比べてみても差はなかったので、衝撃の伝わり方をタイヤではなくサスペンションで上手くコントロールしているということなのだろう。フラットライドが目指され、バッテリーやシステムの低重心化によりロールも抑えられている。

ファミリー層向けの車ということで、後部席の乗り心地も確認した。車高の高い車によく合うシャシーのセッティングで、段差を乗り越える際のバイブレーションもよく抑えられていた。また車内の空気の流れが良いため、2列目でもエアコンがよく効き、快適だったのも印象的だった。

次にガソリンモデルに乗る。走り出しは必要以上のトルクが抑えられている。エンジンのトルクを上げると燃費性能が悪くなるからだ。しかし抑えられた分はCVTで補っている。よりトルクを発生するよう調整することで、発進や加速を後押ししているのだ。結果として発進から中速域までは軽快。乗り心地も良かった。

ただ、走りの質はハイブリッドに比べると若干だが落ちる。特にリアのサスペンションに落ち着きがなく時折発生するバイブレーションも気になった。

ハイブリッドとガソリンモデルで多少の違いがあり、またデザインは好き嫌いが分かれるかもしれないが、多人数で快適に移動する車として評価できる1台だった。

▲ボディ側面はシャープなラインをなくしたなめらかなプレスラインが特徴 ▲ボディ側面はシャープなラインをなくしたなめらかなプレスラインが特徴
▲ガソリン車の2WDに搭載された新型の1.5Lエンジン「2NR-FKE」。ハイブリッド車にはお馴染みのTHSIIを搭載している ▲ガソリン車の2WDに搭載された新型の1.5Lエンジン「2NR-FKE」。ハイブリッド車にはお馴染みのTHSIIを搭載している
▲エアコンの送風口がフロントダッシュパネルの高めの位置に取り付けられており、後部座席にも風を送り込んでくれる ▲エアコンの送風口がフロントダッシュパネルの高めの位置に取り付けられており、後部座席にも風を送り込んでくれる
▲7人乗り用の2列目シート。座面長を長くとった可動式にも関わらず、座り心地は上々だ ▲7人乗り用の2列目シート。座面長を長くとった可動式にも関わらず、座り心地は上々だ

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ハイブリッドG ■乗車定員:7名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:54(74)/4800[kW(ps)/rpm]+45(61)[kW(ps)]
■最大トルク:111(11.3)/3600~4400[N・m(kgf・m)/rpm]+169(17.2)[N・m(kgf・m)]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4235×1695×1675(mm) ■ホイールベース:2750mm
■車両重量:1380kg
■JC08モード燃費:27.2km/L
■車両本体価格:232万9855円(税込)

■グレード:ガソリンG ■乗車定員:6名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■最高出力:76(103)/6000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:132(13.5)/4400[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4235×1695×1695(mm) ■ホイールベース:2750mm
■車両重量:1380kg
■JC08モード燃費:15.4km/L
■車両本体価格:212万1709円(税込)

■グレード:ガソリンX “V Package” ■乗車定員:7名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■最高出力:80(109)/6000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:136(13.9)/4400[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:2WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4235×1695×1675(mm) ■ホイールベース:2750mm
■車両重量:1310kg
■JC08モード燃費:20.6km/L
■車両本体価格:168万9709円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
3
down
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
6
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
8
down
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
9
up
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
10
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027