新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレー コンチネンタル GTのマイナーチェンジは抑揚が利いた渋い変更である / navi

クルマニュース

ベントレー コンチネンタル GTのマイナーチェンジは抑揚が利いた渋い変更である / navi

(2015/09/24)

▲2ドアの大型GT、というだけでかなりの我儘。ベントレーとつけば、その度数はさらに上がって、とはいえ、最近じゃいろいろ気を使って、最新モデルには気筒休止まで備わる。ドイツ車にはそろそろ飽きたよな、という人、50を超えた人には、英国車がこれからのオススメ▲2ドアの大型GT、というだけでかなりの我儘。ベントレーとつけば、その度数はさらに上がって、とはいえ、最近じゃいろいろ気を使って、最新モデルには気筒休止まで備わる。ドイツ車にはそろそろ飽きたよな、という人、50を超えた人には、英国車がこれからのオススメ

少し派手に。苦み走っているばかりじゃツマラナイ

デビューして早4年。第2世代コンチネンタルGTがマイナーチェンジした。ハイライトは、バンパーなど外装ディテールのイメチェン、内装ディテールのブラッシュアップ、W12気筒エンジンのパワーアップと効率化、の3点である。

ぱっと見、あまり変わったように見えないことは、この手の車の場合、凄く大事。フルモデルチェンジですら、さほどイメージを変えなかった。マイチェンでガッツリ変わっちゃ、元も子もない。変わらないこともまた、顧客の信頼を得続ける秘訣のひとつ。

で、バンパー周りと、フェンダーサイドのワンポイント(ダクト)、リアフード辺りを、変えた。髪形、少し若くなりましたよねぇ、ステキです、と、渋い紳士に言う感じ。

インテリアの変更点に至っては、オーナーになったことがある人でも、ひょっとすると分からないんじゃないか。ダイヤルベゼルやシフトレバーなどのディテールデザインと、ダイヤモンドステッチの大きさなどが変わった。前から特別に選べたと言われても不思議じゃない程度の、抑制の利いた変更だ。

W12は、相変わらずウルトラスムーズ。パワーアップした分を感じ取ることは難しいし、気筒休止も実感できなかった(できたらこのクラスの商品としてヤバい)けれど、加速中に切り裂く空気の、はんぱない稠密感は、W12ならでは。すべてにわたって、上質だ。

それでいて、V8系に乗り替えれば、豪快なエグゾーストノートと鼻先の軽さとが相まって、妙に心が浮き立ち、大柄なGTを喜んで振り回している自分がいる。

というわけなので、どっちがいい?  と聞かれても、人の意見など気にせずどちらでも気になる方をどうぞ、と答えるようにしている。

▲ラインナップはW12のGTとGTスピード、V8のGT V8とGTV8S。それぞれクーペとコンバーチブルをもつ ▲ラインナップはW12のGTとGTスピード、V8のGT V8とGTV8S。それぞれクーペとコンバーチブルをもつ
▲室内照明にLEDを採用、パドルシフトはより大きくなった。スポーティタイプのステアリングも用意 ▲室内照明にLEDを採用、パドルシフトはより大きくなった。スポーティタイプのステアリングも用意
▲W12は出力を高めつつ燃費を最大5%向上。複合モード燃費を14.1L/100km(約7.1km/L)とした ▲W12は出力を高めつつ燃費を最大5%向上。複合モード燃費を14.1L/100km(約7.1km/L)とした

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GT SPEED ■乗車定員:4名
■エンジン種類:W12DOHCターボ ■総排気量:5998cc
■最高出力:635/6000[ps/rpm]
■最大トルク:820/2000[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4806×1944×1394(mm) ■ホイールベース:2746mm
■車両重量:2320kg

text/西川淳 photo/ベントレーモーターズジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027