新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジャガー XEはずっと走っていたくなるほどの気持ち良さを持つ車だ / navi

クルマニュース

ジャガー XEはずっと走っていたくなるほどの気持ち良さを持つ車だ / navi

(2015/10/05)

▲ドイツ勢が幅を利かせているこのセグメントで、あえてジャガーを選ぶのが我儘であることは確か。けれど、XEの走りにはそれだけの価値は絶対にある。イギリス車らしいアンダーステイトメント性=控えめさも、かえって新鮮。乗り替えたら相当注目されるはずだ▲ドイツ勢が幅を利かせているこのセグメントで、あえてジャガーを選ぶのが我儘であることは確か。けれど、XEの走りにはそれだけの価値は絶対にある。イギリス車らしいアンダーステイトメント性=控えめさも、かえって新鮮。乗り替えたら相当注目されるはずだ

ずっと走っていたくなるその仕上がり

ヨーロッパでも今春、ようやく走り出したばかりだというのに、ジャガー XEが早くも日本上陸を果たした。しかもラインナップを見れば初のディーゼルモデルが用意されているし、装備も充実。価格も頑張っている。かつてのX-TYPE以来の、このセグメントへの再参入、気合いは十分のようだ。

早速訪れた試乗の機会。ディーゼルは秋までお預けとのことだったが、200psと240psの2種類の直列4気筒2Lターボと、340psを発生するV型6気筒3Lスーパーチャージドを、あらためて乗り比べることができた。

やはり、その走りは格別。とにかく、ずっと走っていたくなるほど気持ち良い。ガッチリとしたアルミボディと、しなやかにストロークしながらジオメトリー変化の小さい完全新設計のサスペンションが織り成すフットワークの一体感は、XEのいちばんの個性である。

そんな運動性能で選ぶなら、やはり4気筒モデルとなるが、エンジン単体の上質感で見るとマルチシリンダーのXE Sが一枚上手。悩ましいところだが、日本の道路環境ならば4気筒モデルで十分満足できそう。乗り味で選ぶなら17インチタイヤのPURE。装備もこれで十分と言える。強いていえば、インテリアの樹脂パーツのクオリティ感はイマイチなので、気になるならダッシュボードまでレザー張りになるPORTFOLIOを選び、19インチタイヤの乗り心地をカバーするべく減衰力可変機構のアダプティブダイナミクスを追加するのがオススメだ。

いやしかし、ディーゼルモデルが上陸したら、本命はそっちかも? いずれにしても一度ステアリングを握ったら、ずっと走っていたくなるその仕上がり、輸入車好きなら絶対確かめておくべきだと言っておこう。

▲アルミを75%以上用いたモノコックボディを採用。ステレオカメラを用いたAEBなど安全装備も充実 ▲アルミを75%以上用いたモノコックボディを採用。ステレオカメラを用いたAEBなど安全装備も充実
▲前席は乗員を包み込むような形状、シート位置を低くしスポーツカーのようなポジションに ▲前席は乗員を包み込むような形状、シート位置を低くしスポーツカーのようなポジションに
▲ガソリンエンジンは3種類を用意。走行特性を変更できるドライブコントロールも備わる ▲ガソリンエンジンは3種類を用意。走行特性を変更できるドライブコントロールも備わる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Portfolio ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1998cc
■最高出力:240/5500[ps/rpm]
■最大トルク:340/1750[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4680×1850×1415(mm) ■ホイールベース:2835mm
■車両重量:1640kg
■車両本体価格:642万円(税込)

text/島下泰久 photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
【試乗】アウディ A5カブリオレ|優雅に風を流す美しい幌。随所にこだわりを感じる唯一無二のA5 カブリオレを試乗(2019/03/19)
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
2
keep
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
3
up
【試乗】フォルクスワーゲン ポロ Rライン|大衆車ながら高い質感で走りも良い実益を兼ねたモデル(2019/03/19)
4
down
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
5
keep
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
6
up
【雪上試乗】新型 三菱 デリカD:5|もはやミニバンということを忘れる走破性の高さだ!(2019/03/18)
7
keep
【試乗】新型 トヨタ マークX “GRMN”|2019年モデルは限定350台! 国産最高峰のFR 4ドアスポーツセダンだ!(2019/02/22)
8
up
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
keep
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027