新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ミニ ミニ クラブマン 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

ミニ ミニ クラブマン 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2008/02/28)

全長が延びても、まだまだ普通のコンパクトカー並みの大きさ

  • ミニ クラブマン フロントスタイル|ちょい乗り試乗
  • ミニ クラブマン リアスタイル|ちょい乗り試乗
ミニ クラブマンの試乗会に参加してきました。昨年10月に日本発売の発表が行われましたが、納車開始は2008年3月2日、語呂合わせで「ミニの日」となっています。

ベースのミニの全長を238mm、ホイールベースを80mm延ばして作られたこのクラブマン。それでもボディサイズはVWポロとほぼ同じです。延ばされた部分はすべて後席およびラゲージにあてられました。
おかげで後席がようやくまともになりました(写真下の左)。ラゲージ(写真下の真ん中と右)はベースよりは当然広くなりましたが、それでも260Lという容量は日産マーチの250Lより少し広い程度。一般的なコンパクトカークラスとほぼ同じと言えるでしょう。ちなみに、右の写真では倒したシートバックとラゲージが平らになっていますが、これは「フラットフロア」なるオプションを装着しているからです。3万2000円なり。
いずれにしろ、このラゲージこそクラブマンの特徴。先ほど述べたように「普通のコンパクトカーと同じラゲージ容量」にもかかわらず、ラゲージドアは立派な左右の観音開きです。小さな左右の扉を右側から開ける(閉じるときは左から)という儀式が、この車のオーナーになったとき心をくすぐるはずです。

  • ミニ クラブマン 膝もと|ちょい乗り試乗
  • ミニ クラブマン ラゲージ通常|ちょい乗り試乗
  • ミニ クラブマン ラゲージ最大|ちょい乗り試乗

もう一つの特徴は、運転席側後ろにある「クラブドア」。進行方向に対して逆側に開くこのドア、運転席ドアと合わせて開けば、後席へのアクセスがグッとスムーズとなります。日本の道路事情を考えれば、またミニの生誕地がイギリスであることを考えても、このクラブドアが助手席側に付いていないのが残念です。でもそれで価格が上がってしまうなら、元も子もないですけれど。
これを前向きに考えるなら、運転席からまずお父さん(またはお母さん)が降り、安全を確認した後このドアを開けて子供を降ろしてあげる、ということができます。クラブドアは運転席を開けない限り開けることはできないので(閉めるときは逆)、勝手にドアを開けられて隣の車にコツン、とかがなくなります。

さて、試乗したのはクーパーS。とはいえ今回は時間がなく、自分では移動させた程度です。あとは後席に座っていました。ですから感想は「ハッチバックタイプとあまり変わりない。17インチを履いていたけどそれにしては乗り心地はいい」というくらいです。
ほかにはグレードとしてクーパーが設定されています(ハッチバックに設定のあるワンはありません)。
  • ミニ クラブマン フロントシート|ちょい乗り試乗
  • ミニ クラブマン リアシート|ちょい乗り試乗
  • ミニ クラブマン クラブドア|ちょい乗り試乗

価格はクーパーSが6AT:331.0万円/6MT:318.0万円、クーパーが6AT:287万円/6MT:274.0万円。いずれもハッチバックの同名グレードと同じエンジンを積んでいますが、燃費がク改善されています(クーパーSのAT車を除く)。40~50kg重量が増えているにもかかわらず、です。
クラブマン クーパーSが6AT:12.4km/L/6MT:15.0km/L
クラブマン クーパーが6AT:14.2km/L/6MT:18.0km/L
一方ハッチバックは
クーパーSが6AT:12.6km/L/6MT:14.4km/L
クーパーが6AT:13.8km/L/6MT:16.8km/L
バルブタイミングなどの改善で、クラブマンの燃費を向上させたそうです。

ハッチバック同様、ボディカラーや内装色が選べます。ボディカラーでは、ホットチョコレートがクラブマンの専用色で、なんでも欧州では購入者の4分の1が選ぶという人気色だそうです。Cピラーはシルバーか、ルーフと同色になります。

最後に小ネタを一つ。開発コードは現行ハッチバックがR56、クラブマンがR55。つまり、構想自体は現行ハッチバックより早かったということです。

<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027