新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カルディナ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

トヨタ カルディナ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/02/29)

※この記事はカーセンサー関東版6号2000年2月24日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです
(Tester/石川 真禧照  Photo/芳賀 元昌)

最強の前輪駆動モデルを追加し目指すはミドルクラスワゴン首位奪回

トヨタ カルディナのフロントスタイル|ニューモデル試乗 トヨタ カルディナのリアスタイル|ニューモデル試乗
↑2L DOHCエンジンはスポーティーな味つけ(左)GT系はランプの周囲にメッキを施し、ノーマル系と差別化している(右)
カルディナとスバル レガシィ、ホンダ オルティアでミドルクラスワゴンの70%のシェアを占めている。そのなかでカルディナは2年前にレガシィに首位の座を明け渡して以来、2位の座に甘んじている。「なんとか再度首位を!」というリベンジの思いが、スポーツモデルの強化という結論になったようだ。

マイナーチェンジしたニューカルディナはGT系のスタイリングをノーマル系と差別化し、新たにFFのGTモデルを追加した。試乗したのはFF車の最強グレードになったそのGTモデル。車両価格も4WDのGTより22万円安い設定(245.2万円)だ。

車両重量は80kg軽くなっている。その効果は0→100km/h加速8秒台という軽快さに結びついている。2L DOHCエンジンも3000rpmからのトルクの盛り上がりは、スポーティーな味つけだ。

FF車としては唯一、フロントとリアにパフォーマンスロッドを組み込んだ

トヨタ カルディナの前席シート|ニューモデル試乗 トヨタ カルディナのエンジン|ニューモデル試乗
↑ブラック&シルバーでまとめられているがタイト感を強調しすぎのコックピット(左)FFモデル最強の2L直4DOHCはエンジンのうなり音がやや耳障りだ(右)
サスペンションはFF車としては唯一、フロントとリアにパフォーマンスロッドを組み込んでいる。確かにコーナーでのボディのロールは小さく抑えられている。

しかしパワーアシストのハンドルはかなり重めだ。それなりの操舵力を要求され、曲がり角でハンドルを切り込んだ後の戻りが少ないので、ドライバーは忙しい思いをさせられる。スポーティモデルとはいえ、街中ユースも多いワゴンなので、もう少し軽めの操舵力でもよい気がした。

その代わりというわけではないが、スタイリングはまだ地味。TECSの「アクティブスポーツ」モデルもあるが、もっと派手でもよいだろう。インパネのデザインも、メーターパネルなど、全体にやや時代を感じさせるものがあった。実用車に徹してるほうが似合っているのかもしれない。

主要諸元のグレード GT(2WD)
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4575×1695×1475
ホイールベース(mm) 2580
車両重量(kg) 1330
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力[ps/rpm] 190ps/7000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 21.0kg-m/6000rpm
10・15モード燃費(km/L) 11.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/60
車両本体価格 171.8~287.2万円

コンセプト 2点
フィニッシュ 3点
前席居住性 3点
後席居住性 3点
内装の質感 3点
取り回し 4点
操作系の使い勝手 3点
ラゲージルーム 3点
パワー感 4点
トルク感 4点
加速性能 4点
乗り心地 3点
操縦安定性 3点
高速安定性 3点
しっかり感 4点
ブレーキ性能 3点
環境対策 2点
燃費 4点
ステータス 2点
コストパフォーマンス 3点
得点合計 63/100

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027