新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧13代目となる新型トヨタクラウン 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

13代目となる新型トヨタクラウン 【試乗by西川淳】 / navi

(2008/03/31)

Report/西川 淳

ハイブリッドモデルは今春登場予定

クラウンって、ホンマ、不思議なクルマですな。若い頃はとんと興味がなかったけど、四十超えると急に気になり始めた。もっとも、4代目のクジラクラウンだとか、カタチにそそられる代もあったし、日本の旦那に似合いのクルマだという理解はずっとしていたけどね。性能だけを切り取って、単に批評する相手じゃないってことも。

要するに、オレもオッサンだな。ああいうラクチンなクルマにも乗りたいって、自然に思うわけですよ。特に日本の、都会の道路環境だとね。先代のゼロクラウンにしたって、すっごく運動性能が向上したってイメージあったけど、欧州車なんかと比べたら、高速域なんてまだまだだったし、やっぱり日本専用なだけあるわなという感じだった。

でも、あのカタチは良かったな。アスリートの黒なんか、シンケンに見積もり取ったもの。600万円近くになって驚いたけど。ロイヤルも“らしく"て良かったし、マジェスタ白なんて“これぞ日本の旦那衆"てな装いで、ホント、ささりまくった。トヨタの目論み通り、スポーティなアスリートのおかげで、けっこうオーナー平均年齢も若返ったらしい。

さて。先代でゼロになった(けど、あんまり変わっていない)クラウンが、予定通りのモデルチェンジ。なんと13代目。よくもまあそれだけ続いたもんだ。最古ですね、連綿たる日本車としては。基本、中身はゼロのキャリーオーバーです。ロイヤルとアスリート、それぞれに用意されたエンジン&ドライブトレインの仕様がほぼゼロと同じ。ニュースはハイブリッドだけど発売5月なんで、またそのときに詳しく。

仕様が同じ、といっても細部はもろもろ見直されているわけで、なかでも2.5Lエンジンが良かった。パワー感は十分だし、エンジンフィールのキレもいい。アスリート、ロイヤルサルーンの両グレードに積まれるエンジンゆえ、このポテンシャルアップは多くのユーザーにとって嬉しいニュースになるはず。はっきり言って、ロイヤルの3Lはもういらないな。アスリートの3.5Lは、相変わらずパワフル。このエンジン、本当に良くて、クラウンにはもったいない(だからレクサスISやGSにも最初に積んだんだけど)くらい。性能がいいだけじゃなく、官能的でもある。アルファロメオ用にしたっていいよなあ、ってくらい。

乗り心地が随分と改良された。走りに振った(と評判の)ゼロクラウンで煮詰め切れなかった部分らしく、デビュー直後からユーザーの不満として上がってきたんだそう。確かに後席とか、しんどかったもんな。個人的には何だか元の木阿弥って感じがしなくもないけど、やっぱりクラウンって日本固有の、そしてロイヤリティの強いユーザーに支えられたクルマなんだなって思う。いくら若返ったって、やっぱり“昔ながら"の味つけにしなきゃいけないわけですから。“ワシのクラウンを返せ"って。その割には低速域でちょっと路面が荒れるとバタバタしたり、もうちょっとしなやかな足にできないものかなあ、と思うんだけど、そうするときっと旦那乗りに不都合が生じるのでしょう。みっけもんだったのが、3Lロイヤルの4WD。ちょっとM・ベンツの4マチックみたいなライドフィールで気に入った。関東以北のユーザーには超オススメ。一番乗り味がいいかも。

とまあ、いろいろ言ったけれど、それでもクラウンが魅力的に思えてしまうから、四十過ぎのオッサンは始末悪いよね。内装とか、妙に落ち着くし。ただ、最新モデルのエクステリア(どことなくM・ベンツSクラス)はあまりにゴテゴテしすぎていて、かなり脂ぎったオッサンに見えそう(特にロイヤルの有色系)だから、買うならアスリートかな、やっぱり。もしくはマジェ、待つ?でも、もっと派手になりそうだよな、この勢いだと。

今回登場したクルマ、メーカーたち

トヨタクラウン

13代目の超ロングセラーは日本の誇り

ライバルのクルマたち

M・ベンツEクラス

フルモデルチェンジが噂され始め相場下落中?

BMW5シリーズ

マイナーチェンジで年々進化し続けるスポーツサルーン

アウディA6

往年のドイツ車が失いつつある質実剛健さをもつ

ホンダレジェンド

センサー技術の結晶とも言えるスーパーハイテクセダン

日産フーガ

パワフルなエンジンを搭載し驚くほどスポーティ

フォトコレクション

写真:キープコンセプトな外観変更
キープコンセプトな外観変更

フルモデルチェンジですが、大幅に変わった印象がありません。旧ユーザーを大切にしながら、さりげなく新オーナーを取り込む作戦?ホイールが小さく見えるのはボディカラーのせい?

写真:ウッドパネルを効果的に配置
ウッドパネルを効果的に配置

かつてはギラギラ輝くウッドパネルでしたが、最近の流行はつや消し風味のものなんでしょうね。「いつかはクラウン」のキャッチフレーズ、なぜか最近響き始めています

写真:アスリートはスポーティ
アスリートはスポーティ

ロイヤルと基本的に同じインテリアデザインながら、本革やブラックパネルのあしらいかたを変えることでスポーティな雰囲気を演出しています。ここまで印象が変わるんですね

写真:乗り味も洗練されて進化した
乗り味も洗練されて進化した

3.5LのV6エンジンを搭載するアスリート。ホント見事にスポーティなルックスになっています。基本的には“オヤジ"セダンのクラウンベースなのに、デザインって凄い力ですね

写真:もったいないくらいパワフル
もったいないくらいパワフル

このエンジン、思いのほかパワフル。それだけじゃなくて、官能的でもあるから二度ビックリです。個人的にはアルファロメオに搭載してもイイと思っているくらいですから…


クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
down
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
6
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
8
down
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027