新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 1シリーズ クーペ 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

BMW 1シリーズ クーペ 【ニューモデル】 / navi

(2008/04/02)

結構じゃじゃ馬?いやよく調教されたサラブレッドの走り

(Tester/西川淳 Photo/尾形和美)
コンセプト
1&3シリーズの中でも最強のスポーツモデルが登場
BMW 1シリーズ フロント|ニューモデル試乗BMW 1シリーズ クーペ リアスタイル リア|ニューモデル試乗BMW 1シリーズ クーペ インパネ|ニューモデル試乗
 貴重なFRのコンパクトハッチ(といっても実際は旧3シリーズ級のサイズ感だが)として確固たる地位を築く1シリーズ。ノッチバックのスポーツクーペ登場で、さらにユニークな魅力を手に入れた。
 ベースはもちろん1シリーズだが、135という名称が示す通り、オーバー300psの3L直6DOHC直噴ツインターボエンジンを搭載する。いまどき珍しく6MTと組み合わせられた(6ATも少し遅れてリリースされる)から、スポーツ派にとっては期待のニューモデルだろう。
 実際、同じエンジンを積む335クーペ(6AT)と比べても重量で90kgも軽く、ホットハッチの部類に入る130iより40psもパワーがある(+80kg)。事実上、Mモデルではない1&3シリーズの中で、最強のスポーツモデルと言っていい。
室内&荷室空間
スタイルは賛否両論?内装は1シリーズそのもの
BMW 1シリーズ クーペ フロントシート|ニューモデル試乗BMW 1シリーズ クーペ リアシート|ニューモデル試乗BMW 1シリーズ クーペ HDDナビゲーション・システム|ニューモデル試乗
 BMWの主張では、懐かしき02(マルニ)シリーズの現代版だという。だとすればターボを積むことから言ってもさしずめ現代の02ターボか。そのスタイルは決してスマート&キレイとは言えない。小柄だが筋骨隆々な、たとえるなら短距離走アスリートというところだ。
 インテリアの雰囲気は基本1シリーズそのもの。マルチファンクション機能の付いたMスポーツハンドルの向こうに、コンパクトなナセルに囲まれた丸型メーターが見えている。お馴染みの光景だ。
 試乗車にはオプションのウッドパネルが組み合わされていて、スポーティな気分を少々スポイルしてしまっていたが、標準仕様のトリムはアルミニウムである。ストロークの短いシフトレバーを握っていると気分が盛り上がる。
ドライブフィール
ランフラットタイヤの乗り心地も向上、買うならATか
BMW 1シリーズ クーペ 走り|ニューモデル試乗BMW 1シリーズ クーペ エンジン|ニューモデル試乗BMW 1シリーズ クーペ タイヤ|ニューモデル試乗
 はやる気持ちを抑えて、街中クルージングを試みる。たっぷりなトルクとどこからでも立ち上がるフレキシビリティによって、MT車とは思えないほどの扱いやすさだ。6速1000回転45km/hでもちゃんと走ってくれるから、動いている間なら低燃費オートマチックな走行も可能。ランフラットタイヤの乗り心地も随分良くなった。
 加速フィールは素晴らしい。コンパクトゆえ弾丸然としたものだ。期待のハンドリングもあくまでドライバーに忠実であり、操作するという喜びが手応えとして残るというBMWに特有のもの。
 ただし、エンジン性能がリッチすぎるため肝心のMTらしい楽しみ方ができない。エンジンを操る感覚に欠けているのが惜しい。これならATで乗ったほうが良さそうだ。
こんな人にオススメ
スポーティなMT派に、と言いたいところですがギアチェンジが楽しくない。単純にハンドリングの気持ち良さと速さを求める人だったら良い選択だと思いますが。あと問題は値段ですね。1シリーズですが、エントリースポーツカーというにはほど遠い。結局、お金に余裕のある人のお楽しみモデル、なんてあたりが落ち着きどころでしょうか。
主要諸元のグレード 135iクーペ“Mスポーツパッケージ”
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4370×1750×1410
ホイールベース(mm) 2660
車両重量(kg) 1530
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直6DOHCターボ
総排気量(cc) 2979
最高出力[kW(ps)rpm] 225kW(306ps)/5800rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 400N・m(40.8kg-m)/1300~1500rpm
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/50
車両本体価格 538万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027