新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ クラウン 【フルモデルチェンジ】 / navi

クルマニュース

トヨタ クラウン 【フルモデルチェンジ】 / navi

(2008/04/07)

要所に“日本力”を感じさせる走りの完成度

(Tester/西川淳 Photo/篠原晃一)
コンセプト
大ヒットの先代からさらに進化を目指す
トヨタ クラウン アスリート ロイヤル ハイブリッド|ニューモデル試乗トヨタ クラウン リア|ニューモデル試乗トヨタ クラウン インパネ|ニューモデル試乗
いかな進化を遂げようとも、それが結果的にユーザーの想定内に収まっていることがまず期待される。クラウンという車を作る難しさはその一点に尽きると思う。保守でありながら進化し続けなければならない。そういう意味では運動性能の引き上げを通じて若返りを図った12代目「ゼロ・クラウン」とて、多くの人にとって“意中のクラウン”だったからこそ、大ヒットした。

13代目も、ゆえにクラウンであることから逸脱はしない。誰もが認めるブランドであるがゆえに、開発コンセプトは“進化したクラウン”で“日本人のための高級セダン”以外にはあり得ないのだった。あえて話題をというのであれば、5月以降に市販されるハイブリッドシステム搭載グレードであろう。
室内&荷室空間
大胆に変化したインパネ回りにクラウンの進化を見る
トヨタ クラウン フロントシート|ニューモデル試乗トヨタ クラウン リアシート|ニューモデル試乗トヨタ クラウン HDDナビゲーションシステム|ニューモデル試乗
外観上ではこれまで以上にアスリートとロイヤルとの差別化が図られている。特に、まるで高性能スポーツカーのごとく大きなロアグリルをもつアスリートの迫力が目につく。ハイブリッドは、まさに両グレードのミックスであろう。

ホイールベースは旧型と同じだが、全幅や全長が少し長くなった。それゆえキャビンスペースに関しては以前と同等と見るべきだが、大胆に変身したコックピットデザインゆえ、運転席に座ったときの印象はこれまでと随分異なっている。搭載される先進機能もドライバーモニター付きプリクラッシュセーフティシステムやナビ・ブレーキアシストといった安全運転支援技術の充実も魅力。ナビシステムそのものは、40GBの大容量HDDを採用している。
ドライブフィール
低速域から高速域まで“旦那気分”でゆったり乗れる
トヨタ クラウン 走り|ニューモデル試乗トヨタ クラウン ラゲージ|ニューモデル試乗トヨタ クラウン オートマン機能付きシート|ニューモデル試乗
ハイブリッド車は遅れての登場となる。最初に乗り込んだのは2.5のロイヤルサルーンだ。

走りの面では乗り心地の改善に努めたというだけあって、柔らかだが締まりのある心地よさを見せた。低速域から高速域まで、味つけがほとんど変わらず、“旦那気分”でゆったり乗れる。驚いたのはエンジン。3Lいらずと思えるほどにパワー感も十分で、キレのあるフィールを見せてくれた。また3Lロイヤルサルーンの4WD車も収穫だ。高速走行時のしなやかさは2WD以上で、関東以北の方には大いに勧めたい一台だ。

3.5LV6のアスリートのパワフルさも捨て難い。低速域での雑味が気になるが、確かに乗り心地は全般的に良くなっている。“らしさ”が薄れた気もするが…。
こんな人にオススメ
クラウンには縁がないと思っていた私でも、40歳を超えてからクラウンっていいなあと思えるように。それが凄さですね。欧州車のように目立った個性なり特徴があるというわけじゃない。いきなり体に馴染む感が日本人にとってのクラウンの価値。そういう意味では大きめのサルーンを検討しているすべての日本人にぴったりです。特に2.5Lのロイヤルサルーンがオススメ。
主要諸元のグレード 3.5アスリート“Gパッケージ”
駆動方式 FR
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4870×1795×1470
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1660
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3456
最高出力[kW(ps)rpm] 232kW(315ps)/6400rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 377N・m(38.4kg-m)/4800rpm
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/71
車両本体価格 3.5アスリート“Gパッケージ” 567万円
3.0ロイヤルサルーンG“オットマンパッケージ” 535万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027