新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フィアット 500 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

フィアット 500 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2008/04/10)

東京〜京都をそつなくこなせる可愛いヤツ!

  • フィアット 500 京都の街並み|ちょい乗り試乗
  • フィアット 500 京都の街並み|ちょい乗り試乗
フィアット500の系譜は、1936年、イタリアに生まれた「トッポリーノ」(ハツカネズミ)の愛称の小さな車にさかのぼる。そして、1957年に大きくモデルチェンジ。日本では「ルパン三世」の愛車として有名な「フィアット500」(チンクエチェント)となって50年間親しまれてきた。
その「フィアット500」が誕生50年を記念して昨年トリノで発表され、ようやく今年の3月15日から日本でも発売になった。
  • フィアット 500 旧型に囲まれて|ちょい乗り試乗
  • フィアット 500 走り|ちょい乗り試乗
新型フィアット500を借りて京都へのロングドライブに出かける機会を得たので、ちょい乗り試乗リポートを報告したい。
都内では、青山通りを流して走っていると、まぁ指までさされて見られることと言ったら、とってもうれし恥ずかし、いい気持ち。CVTやATの加速感と違って、マニュアル車のように変速時にちょっと違和感があるし、シートだって特によくできているわけじゃない。でも、いい感じにチープでカジュアルな感じがたまらなく可愛い。
池尻から高速に乗ってイザ京都への一人旅。1.2Lエンジンは高速の合流も難なくこなし、快調に京都に向かう。いたって普通のシートは体重75kgをしっかりと支え、京都まで約500km、5時間40分のロングドライブを難なくこなしてくれた。

京都に着いてからと、京都から東京までの帰路は大人3人、その3人の2泊3日分の荷物、さらには担いで歩くのには不愉快な重さのカメラ機材一式(約30kg)を積んだ。それでもなお、元気に走ってくれた。さすがにこれだけの重量を載せていると、サスペンションも必死に踏ん張るので、路面の小さなギャップや道のうねりでピョンピョンはねる。
そういった極端な状況を比べると、たとえばBMW製の現行ミニは、絶対にこのフィアット500よりよくできている。ただ、ミニはそれなりに可愛いとも思うが、ドイツ車らしく生真面目で面白みに欠ける。対照的にイタリア車であるこの車はデザインに遊びやユーモアがあり愛しい。工業製品としての完成度はだいぶ良くなったけど、ドイツ車と比べると、イタリア車は一抹の不安は残る。それでも愛しい気持ちが勝って、失敗覚悟で手に入れてしまいそうな魔力がある。そんな車にフィアット500は仕上がっている。1800km走って、平均燃費は13.4km/L。悪くはないけど、燃料がハイオクというのは今の時代、ちょっと悲しい。でも、とにかく、それも関係ないくらい、楽しいし可愛い。

町と町を行き来する毎日の足によし、週末の遠出にもよし。今回のような長距離には、大人2人と子供1人までなら問題ない。乗車定員も4名と割り切っているので、4人乗車でも普通に乗れる。とにかく可愛いから乗ってみて!

<奈落院煩悩寺和尚>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027