新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー207SW 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー207SW 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2008/04/10)

貴重なコンパクトワゴンは気が利いていて、しかも安い!?

  • プジョー207SW フロントスタイル|ちょい乗り試乗
  • プジョー207SW GTi フロントスタイル|ちょい乗り試乗
プジョー207SWの試乗会へ行ってきました。
今回日本に導入されたのはハッチバックのシエロなどと同じ1.6Lエンジンを積む207SW(写真左)と、ハッチバックのGTiと同じ1.6Lターボを積む207SW GTi(写真右)です。207SWには4ATが組み合わされますが、207SW GTiは5MTのみ。こちらはスポーティイメージを牽引する役割を担わせるようです。

試乗会では、残念ながら207SW GTiの試乗車が間に合わず、207SWのみ乗ってきました。ちょっとしか走れなかったのですが、ハッチバックのシエロ同様、BMWと共同開発したエンジンはよく回るなという印象です。乗り心地もハッチバック同様、ドイツ車寄りですね。ボディがしっかりしていて足がきちんとついてくる、という。日本車よりはかなり硬めです。プジョー407のようなしなやかさはありません。

サスペンションは207SW用にチューニングされているそうです。また207SW GTiにも専用チューンが施され、ハッチバックのGTiより柔らかめになっているそうですから、こちらもぜひ試してみたいものです。
  • プジョー207SW リアスタイル|ちょい乗り試乗
  • プジョー207SW ガラスハッチ|ちょい乗り試乗
  • プジョー207SW 後席|ちょい乗り試乗

ガラスハッチのみ開閉可能なことだとか(日産のウイングロードなどにあります)、ワンタッチで後席の座面が沈み込んで、そこに背もたれ部分が重なることでフラットなラゲージを作る方法など、日本車っぽい便利さを感じます。
ラゲージシェルフは3分割で折り畳むことが可能で、わざわざ車の外に出てラゲージを開けなくても、後席からこのシェルフを少し折り畳んでやれば、手で持ち上げられる荷物なら取り出せます。
旧型にあたる206SWがハッチバックの206人気から生まれたのに対して、この207SWは207シリーズとして最初から構想されていたそうです。そういった背景があるため、上記のような装備を付けたり、ハッチバックより後席を広く出来たりしたのでしょう(後席シートがハッチバックに比べ15mm後方へ、後席室内高も24mm拡大)。
  • プジョー207SW パノラミックガラスルーフ|ちょい乗り試乗
  • プジョー207SW ラゲージ|ちょい乗り試乗
  • プジョー207SW ラゲージシェルフ|ちょい乗り試乗
大きさは、ハッチバックより120mm長く65mm高くなっていますが、それでもやはりコンパクトカーっぽいステーションワゴンです。このサイズのステーションワゴンは、スバル・インプレッサスポーツワゴンがなくなった今、他に何かあったかなと考えたら…ありましたね、ミニ クラブマン。エンジンも一緒に作った1.6Lだし。
全長×全高×全幅(mm)/ラゲージ容量&後席まで倒しての容量(L)/価格(万円)を比較してみましょう。
プジョー207SW
4150×1750×1535mm/337&1258L/269万円(4AT)
ミニ ミニ クラブマン
3935×1685×1440mm/206&930L/287万円(6AT)
207SWのほうがやや大きいですが、トランク容量は明らかに差があります。その上安い。ATが4速ですが、このサイズのワゴンですから、不満はないはずです。
207SWはパノラミックガラスルーフ標準装備、ルーフレールも備えます。それで269万円(4AT)は、ハッチバックのシエロよりわずか5万円高。ユーロ高だというのに、かなりお値打ちです。プジョーとシトロエンの日本法人が一緒になってから初めて出す車で、船便やオフィス賃料、また国内ディーラーへ向けた配送などで、統合によるコスト削減効果があったそうです。ということは、もうすぐ発表される308の価格にも、期待せずにはいられませんね。
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027