新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ C30 Rデザイン 【特別仕様車】 / navi

クルマニュース

ボルボ C30 Rデザイン 【特別仕様車】 / navi

(2008/04/11)

ファインチューニングされた足回りをもつ特別なボルボ

(Tester/島崎七生人 Photo/尾形和美)
コンセプト
ボルボの限定車では、過去最高のセンスの良さ
ボルボ C30 フロント|ニューモデル試乗ボルボ C30 リア|ニューモデル試乗ボルボ C30 インパネ|ニューモデル試乗
モダンでアヴァンギャルド。「R-DESIGN」とネーミングされたボルボのこの特別限定車は、スポーティでもセンスの良い車を求めるユーザー向けだという。ちなみに“R”というと、車の世界ではレーシングを連想しがち。しかしボルボの場合、“Refinement(洗練)”を意味する。

シリーズにはS40、V50も用意されるが、撮影車はC30。ボルボのアピールに同調するわけではないが、実車はとても親しみやすい印象。前後バンパー下、サイドシル部に空力的付加物が装着されるも、控えめなデザインなのが良い。ボルボの限定車では過去最高のセンスの良さだ…と断言しても過言ではないほど。C30の場合、スタイルの個性を引き立てているし、17インチホイールもマッチ。

室内&荷室空間
インテリアのこだわりを 感じる専用アイテムを搭載
ボルボ C30 フロントシート|ニューモデル試乗ボルボ C30 リアシート|ニューモデル試乗ボルボ C30 メーター|ニューモデル試乗
インテリアにこだわるのもボルボ流だ。今回は専用のコンビのシートが目を惹く。さわやかな風合いで悪くない。また特徴的なセンターパネル部も、細かなバームクーヘン状のパターン(TUNINGダイヤルがその中心)が施され、独自のスパイスを利かす。メーターもブルー系の色あいの専用デザインで、赤い指針とのコントラストが精緻な印象。足元ではフロアマットがパイピング付きの専用で、さらにペダルもアルミ製のスポーツペダル。ラバーのリブが滑り止めの役割を果たす。

C30はもともとフル4シーターの室内が自慢だが、特別限定車でも当然ながらその魅力は同じだ。前席はやや低めのポジションがスポーティだし、後席はホールド感の良さが快適だ。
ドライブフィール
この車でしか味わえないスペシャルな足回りを装備
ボルボ C30 走り|ニューモデル試乗ボルボ C30 エンジン|ニューモデル試乗ボルボ C30 オーディオ&空調パネル|ニューモデル試乗
実は今回の特別限定車では、サスペンションにも手が入っている。メーカーの説明によれば、スポーツサスペンションを組み込んでいるとのことで、前後ショックアブソーバー、スプリング、アンチロールバーを強化(スプリングもスポーツタイプ)、またストラットタワーバーも追加。リアは強化ブッシュとしている。

スペックだけ聞くとスパルタンなイメージだが、実際はその名のごとく洗練された印象だった。乗り味は引き締まってはいるが決して不快ではない範囲。さらにコーナリング中の安定性もしっかりと感じられるし、ステアリングの応答性も素直でシャープだった。エンジン性能(試乗したのは170ps/23.5kg-mの2.4i)も余裕がありスムーズな走り味だった。
こんな人にオススメ
特別限定車ということは、それだけ希少性が高い車ということでもある。が、多くは、いかにも…といったしつらえとなるところ、Rデザインは非常に控えめなのがいい。C30の個性、キャラクターはとにかく、似た車がないし(VWシロッコが後追い?)、パーソナルユースでスマートに気持ちよく乗りこなせる気になる存在である。
主要諸元のグレード 2.4i Rデザイン
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT
全長×全幅×全高(mm) 4250×1795×1430
ホイールベース(mm) 2640
車両重量(kg) 1420
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直5DOHC
総排気量(cc) 2434
最高出力[kW(ps)rpm] 125kW(170ps)/6000rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 230N・m(23.5kg-m)/4400rpm
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/62
車両本体価格 381万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリスクロス|走破性も静粛性も乗り心地も良し! 価格以上のクオリティを実現したモデルだ(2020/11/02)
2
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
3
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLAクラス|メルセデスの名に恥じない上質さを進化させた「GL兄弟」の末っ子(2020/11/03)
4
up
【試乗】新型トヨタ RAV4 PHV|306psは伊達じゃない! 販売が絶好調なのにも納得の性能を楽しめる(2020/10/29)
5
keep
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
6
down
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
keep
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
9
down
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
10
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027