新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧インフィニティ Q30はぜひとも日本に導入してほしい1台だ / navi

クルマニュース

インフィニティ Q30はぜひとも日本に導入してほしい1台だ / navi

(2015/12/13)

▲抑揚豊かなグラマラスボディのおかげで実際よりも大きく見えるQ30。メルセデス・ベンツ GLAのプラットフォームをベースに開発されている▲抑揚豊かなグラマラスボディのおかげで実際よりも大きく見えるQ30。メルセデス・ベンツ GLAのプラットフォームをベースに開発されている

インフィニティ初のコンパクト「Q30」に試乗

今回ポルトガルで試乗したインフィニティ Q30は、ヨーロッパで発売されたばかりの同ブランド初となるコンパクトカーだ。インフィニティはコンパクトに分類するが、エンジンの大きさや車体のサイズからすると、VW ゴルフに代表されるCセグメントに属する。

インフィニティは言わずと知れた日産のプレミアムブランド。Q30はインフィニティが2010年から提携しているダイムラーのメルセデス・ベンツ GLAをベースに開発された。GLA250 4マチックと共通のエンジン、トランスミッションを搭載するだけでなく、基本骨格も共有している。

デザインは、エクステリア、インテリアともにインフィニティのオリジナル。アーク(弓形)を取り入れるのが、インフィニティデザインのお約束だが、Q30にもフロントグリルやCピラーに取り入れられている。外観は全体的に彫りが深く彫刻的なデザインで、初めて現物を見た瞬間に相当のイケメンだと感じたが、いかがだろうか?

複数のモデルを試したが、2リッター直4のガソリンターボエンジンと7速デュアルクラッチ・トランスミッションを搭載したQ30スポーツが印象に残った。GLA250 4マチック同様4WDのため、Q30スポーツの車重は1545kgと結構重いが、最高出力211ps、最大トルク350n・mのパワーを発揮し、高速道路でも山道でも支障なく走らせることができた。当然GLAとよく似た印象だが、体感的には若干Q30の方が静粛性は高いように思えた。

Q30の中でも、スポーツは19インチの大径タイヤと専用の引き締められたサスペンションを採用するため、ごく低速域、例えば石畳の道路を中途半端な渋滞でノロノロ走るような場合には、車体の上下動が大きく、身体を揺すられる。速度域が上がるに連れてビシッと安定する。

日本の路上でもそのイケメンぶりを存分に発揮すると思われるQ30。実質的に日産(インフィニティ)とメルセデス・ベンツのダブルネームなので、人気が出る要素は十分だろう。日本での発売は未定で、現在検討中とのこと。スカイライン同様、国内販売するとすれば日産 Q30となるのだろうが、その場合、車に付くバッジはNISSANか、それともINFINITIか(スカイラインは日産ブランドだが、インフィニティバッジが付いている)。その前に販売するのか否か……。いろいろ気になる1台だが、ぜひ発売してほしい。

▲アーク(弓形)のモチーフを細部に用いるのがインフィニティの特徴。Q30の場合はフロントグリルやCピラーに見られる ▲アーク(弓形)のモチーフを細部に用いるのがインフィニティの特徴。Q30の場合はフロントグリルやCピラーに見られる
▲後ろから見るとすべてのボディラインがカーブしていて、一切直線が用いられていないのがわかる。こってりデザイン ▲後ろから見るとすべてのボディラインがカーブしていて、一切直線が用いられていないのがわかる。こってりデザイン
▲エクステリア同様、インテリアも基本的にインフィニティのオリジナルデザインだが、各種スイッチやメーター表示の一部はメルセデス・ベンツ用を流用している ▲エクステリア同様、インテリアも基本的にインフィニティのオリジナルデザインだが、各種スイッチやメーター表示の一部はメルセデス・ベンツ用を流用している
▲2リッター直噴直4DOHCターボエンジン。よくできたディーゼルエンジン並みに低回転からトルキーなので、日常的に力強さを体感できる ▲2リッター直噴直4DOHCターボエンジン。よくできたディーゼルエンジン並みに低回転からトルキーなので、日常的に力強さを体感できる
▲ラゲージスペースはCセグメントのハッチバック車としては標準的。凹凸が少なく使いやすいが、ゴルフバッグを入れるにはあまり向いていない形状 ▲ラゲージスペースはCセグメントのハッチバック車としては標準的。凹凸が少なく使いやすいが、ゴルフバッグを入れるにはあまり向いていない形状

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Q30 スポーツ ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1991cc
■最高出力:211/5500[ps/rpm]
■最大トルク:350/1200-4000[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4425×1805×1475(mm) ■ホイールベース:2700mm
■車両重量:1545kg
■車両本体価格:-

text/塩見智
photo/インフィニティ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027