新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフRはスーパーハッチバックにして懐の深い1台である / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフRはスーパーハッチバックにして懐の深い1台である / navi

(2015/12/22)

▲VWに500万円以上の価値を求めるのは我儘以外何物でもない。最高のパフォーマンスを得られるが、趣味性が高く乗り手を選ぶMT仕様なのだ。多少の猶予はスーパーハッチでも家族が耐えられるコンフォートが存在するから。それがこの車の価値である ▲VWに500万円以上の価値を求めるのはワガママ以外何物でもない。最高のパフォーマンスを得られるが、趣味性が高く乗り手を選ぶMT仕様なのだ。多少の猶予はスーパーハッチでも家族が耐えられるコンフォートが存在するから。それがこの車の価値である

乗り手が年を取っても鍛え直す懐の深さを感じる1台

最後に乗ったVWのMTモデルは2009年頃にドライブしたR32だった。トルキーで乗りやすくスタビリティは抜群だった。その流れをくんだ「ゴルフR」はダウンサイジングに沿った2Lターボで、トランスミッションはマニュアルに近い滑らかなDSGのみであった。しかし自分の思うギアセレクトでドライブして、任意にダイレクトなフィールを体に感じたい。今回6速MTが導入されてそれが可能になったのである。

6速MTはDSG同様の基本コンポーネントである3軸式だ。自動的に制御していたアクチュエーターを自分自身で動かすのである。この3軸式MTはすでにポルシェ 911の7速MTでも採用されている方式で、確実にギアゲートをセレクトし負担も少ない。だから面白いようにスパスパとギアチェンジが決まる。

さてドライブだ! 専用のバケットシートに身を沈め、MTならばクラッチがどこで切れるのか左足を動かしブレーキとアクセルの位置も確かめて精度よくシートを合わせたくなる。

エンジンのレスポンスは最高だ。1速に入れてクラッチをつなげるとターボラグもない。エンジンの成熟を感じる。2000回転ほどでシフトアップダウンを繰り返し体になじませる。MTに乗るときの儀式である。

ヒール&トゥはとてもやりやすい。ブレーキの踏力をコントロールしながらアクセルでギアレシオにシンクロした回転数をブリッピングで行う。速さというよりも意のままに4モーションの強烈なロードホールディングを確かめることに感激する。このシステムを支えるサスペンションセッティングは強靭なシャシーがあるからこそと言っていい。

あらためてVWは機械的な完成度は高い。そう感心しながら、ATに慣れ親しんで鈍っている自分に活を入れた。

▲R専用装備をまとった外観だけでなく、R専用サスペンションも6速DSG搭載モデルと同様の仕様 ▲R専用装備をまとった外観だけでなく、R専用サスペンションも6速DSG搭載モデルと同様の仕様
▲ブラックレザーのスポーツシートをはじめスポーティな雰囲気を高めたインテリア ▲ブラックレザーのスポーツシートをはじめスポーティな雰囲気を高めたインテリア
▲エンジンも6速DSGモデルと同じ仕様。JC08モード燃費はDSGより0.5km/L減の13.9km/L ▲エンジンも6速DSGモデルと同じ仕様。JC08モード燃費はDSGより0.5km/L減の13.9km/L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:R ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1984cc
■最高出力:280/5100-6500[ps/rpm]
■最大トルク:380/1800-5100[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:4275×1800×1465(mm) ■ホイールベース:2635mm
■車両重量:1500kg
■車両本体価格:539万円(税込)

text/松本英雄 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
国産SUVでは物足りない人への新提案、フォルクスワーゲン ティグアン(試乗レポート)(2017/05/17)
ついに誕生した、世界に通用する国産プレミアムクーペ「レクサス LC」。その“浮つきのない大人の仕様”を堪能(試乗レポート)(2017/05/15)
新プラットフォーム採用で同クラスNo.1を狙える車に!? SUBARU XV(試乗レポート)(2017/05/13)
最も成功した12気筒ミッドシップの進化形、ランボルギーニ アヴェンタドールS(海外試乗レポート)(2017/05/12)
TOYOTA、ピクシスエポックをフルモデルチェンジ(2017/05/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027