新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 508は日本の道にピッタリな1台だ / navi

クルマニュース

プジョー 508は日本の道にピッタリな1台だ / navi

(2016/01/25)

▲もうひと洗練欲しかったけど、欧州NEDCモードで20km/L弱は立派。でもディーゼルに燃費だけを求める人というより、乗り心地やハンドリングが神経質でない「疲れなさ」「(大味でない)大らかさ」を求める人に向く。日常レベルというか根幹的な足腰の強さ、そこが本場らしさです▲もうひと洗練欲しかったけど、欧州NEDCモードで20km/L弱は立派。でもディーゼルに燃費だけを求める人というより、乗り心地やハンドリングが神経質でない「疲れなさ」「(大味でない)大らかさ」を求める人に向く。日常レベルというか根幹的な足腰の強さ、そこが本場らしさです

待望のフレンチ・ディーゼル、斬り込み隊長は508

昨今の輸入車ディーゼル・ブームを受けてプジョーもついに腰を上げた。ユーロ6適合の最新ユニットの中でも旗艦といえるBlueHDi 2.0Lの180ps仕様に、アイシン製6速ATのEAT6を組み合わせた508を、2016年式モデルから日本に導入する。グレードはアリュールだが違いは左ハンドルだけ、という本国仕様に現地で試乗することができた。ちなみにリスタイルされた508は、LEDライト顔になって、よりシャープな印象だ。

昨今お騒がせのディーゼルだが、Blue HDi2.0Lのクリーンディーゼル化の要は、NOxなど有害物質の約90%を抽出して燃焼するSCR技術。SCRにはつき物となる交換式の尿素タンクAdBlueを収納するスペースがトランク床下に設けられている。約1.5万km毎に交換が必要となるが、日本ではディーラー整備で対応することになるのだろう。加えてプジョー得意の粒子フィルターで99.9%の有害物質の放出を防ぐという。

肝心の走りに関しては、400Nm/2000rpmからという、ディーゼルにしては中回転域発生型で、加速はセンセーショナルではないが、いつの間にかスピードにのっている感覚。高速道路での追い越しや再加速は得意種目といっていい。逆にスタート・ストップの再始動時はエンジンの振動がやや大きく感じられる。110㎞/h・1800rpm程度でも少し振動とノイズがあるが、90-100㎞/h・1500-1600rpmの巡航では落ち着いている。ガソリンに比べたら鼻先は多少重いがプジョーならではの回頭性よさ、トレースしやすさは健在。まるでフランスのカントリーロードに合わせたかのようなドライバビリティは、日本のワインディングや高速道路にもピタリと焦点が合うはず。年末年始の導入が待ち遠しい1台だ。

▲フロントスポイラー下部にLED日中走行灯、プロジェクターランプを備えより精悍な印象 ▲フロントスポイラー下部にLED日中走行灯、プロジェクターランプを備えより精悍な印象
▲オーソドックスな2連メーターに加えHUDを備えたコクピット ▲オーソドックスな2連メーターに加えHUDを備えたコクピット
「Blue HDi 2.0 180」ターボディーゼルは、変速の滑らかさに定評あるアイシン製6速ATとの組み合わされる ▲「Blue HDi 2.0 180」ターボディーゼルは、変速の滑らかさに定評あるアイシン製6速ATとの組み合わされる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Allure ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1997cc
■最高出力:180/3750[ps/rpm]
■最大トルク:400/2000[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4830×1828×1456(mm) ■ホイールベース:2817mm

text/南陽一浩
photo/南陽一浩
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027