新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディA3スポーツバックe-tronはアウディ初のPHVだ / navi

クルマニュース

アウディA3スポーツバックe-tronはアウディ初のPHVだ / navi

(2016/02/05)

▲走りも悪くないし、ガジェット的な面白さもあって、車好きはきっと楽しめる。でも一方で、快適なEVモードを備え、燃費も悪くないから家族にもきっと納得、いや喜んですらもらえる? そう考えると、我儘どころか皆がハッピーな選択かも ▲走りも悪くないし、ガジェット的な面白さもあって、車好きはきっと楽しめる。でも一方で、快適なEVモードを備え、燃費も悪くないから家族にもきっと納得、いや喜んですらもらえる? そう考えると、我儘どころか皆がハッピーな選択かも

遊べるプレミアム・プラグインハイブリッド

EV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド車)など、アウディの電動化車両の総称として使われる「e-tron」の第1弾として登場したA3スポーツバックe-tronは、同社初のPHVだ。1.4Lターボエンジンと電気モーターを組み合わせたシステム全体で最高出力204ps、最大トルク350Nmを発生し、満充電では電気モーターだけで52.8kmの走行が可能。ハイブリッド燃費は23.3km/Lを謳う。

満充電までは100Vで9時間、200Vなら3時間ほど。急速充電には対応していない。

十分な充電量が残っていれば、発進やその後の加速は電気モーターだけで行われる。「EVモード」でも加速は背中を押されるほど力強く、しかも静かで滑らかだ。「ハイブリッド・オート」モードでは、必要な時に自動的にエンジンの始動、停止が行われるが、その繋がりはスムーズで、燃費のために走りの上質感が犠牲になったりはしていない。

面白いのは「ハイブリッド・チャージ」モード。電気をできるだけ使わず積極的に充電しながら走行することで、たとえば出先でEVに切り替えて走らせる余裕を確保することができる。使い方、いろいろなのだ。

Sモードにするか、アクセルを全開まで踏み込めば、エンジンと電気モーターが、ともに最大限のパワーを発生し、車重増にもかかわらずパワフルな加速を披露する。燃費を考えればなお、十分に納得できる走りと言える。

車両価格はほとんどS3並みとは言え、エコカー減税と補助金のおかげで出費は1.8TFSIクワトロの1割増し程度に抑えられそう。とは言え、経済性を期待してというよりは、EVモードを含む新鮮な走行感覚や、多彩なモード選択の面白さなどを楽しむための車として選ぶべき1台と言えるだろう。

▲低燃費タイヤを履く17インチホイールをはじめ、前後バンパーやグリルなどを専用デザインに ▲低燃費タイヤを履く17インチホイールをはじめ、前後バンパーやグリルなどを専用デザインに
▲メーター左側にパワーメーターを配置。アウディコネクトには各種情報を外から確認できるなどの専用サービスも追加 ▲メーター左側にパワーメーターを配置。アウディコネクトには各種情報を外から確認できるなどの専用サービスも追加
▲ユニットには、外部充電可能な容量8.7kMhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる ▲ユニットには、外部充電可能な容量8.7kMhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:e-tron ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ+モーター ■総排気量:1394cc
■最高出力:150/5000-6000+109[ps/rpm+ps]
■最大トルク:250/1500-3500+330[n・m/rpm+n・m]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6DCT
■全長×全幅×全高:4330×1785×1465(mm) ■ホイールベース:2635mm
■車両重量:1570kg
■車両価格:564万円

text/島下泰久
photo/柳田由人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027