新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ RX-8 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

マツダ RX-8 【マイナーチェンジ】 / navi

(2008/04/16)

ロータリーのもつ、走りの味つけをより“深化”させた入魂作

(Tester/高山正寛 Photo/尾形和美)
コンセプト
発売後初となる大型のマイナーチェンジを実施
マツダ RX-8 フロント|ニューモデル試乗マツダ RX-8 リア|ニューモデル試乗マツダ RX-8 インパネ|ニューモデル試乗
2003年5月のデビューから早いもので5年、世界にも類を見ないロータリーエンジン搭載スポーツカーであるRX-8が初のマイナーチェンジを行った。「初の」とあえて書いたのは、この間にも足回りに手を加えた特別仕様車や、一部改良時にATを4速(これは設計が古かった…)からロードスターと同様のFR用6速タイプに変更するなどしているからだ。

他の自動車メーカーだったらこの段階で「大幅なマイナーチェンジです!」と声高らかに宣伝しそうなものだが、マツダはこの辺が真面目というか、ひたむきというか…。この程度ではRX-8のマイナーチェンジと言わないところに、この車を長いサイクルで育てようという、単なる商品ではない“愛情”を感じてしまうのである。
室内&荷室空間
内外装にも大幅な手を加え、よりダイナミックな印象に
マツダ RX-8 フロントシート|ニューモデル試乗マツダ RX-8 リアシート|ニューモデル試乗マツダ RX-8 トランスファーレバー|ニューモデル試乗
RX-8のチーフデザイナーはただいま大ヒット中の現行デミオを手がけた前田氏である。発表当時にいくつか話を聞いた際に印象的だったのが、デザインは発表段階で一つの完成形であったこと。これをマイナーチェンジで「鮮度向上」を図らなければならないのだから、違う意味で手がかかる作業のはずだ。

実際、見た目の印象は結構変わった。基本の造形を生かしつつ、大開口部をもつグリルとバンパー、特に新設定されたRSには大型のエアロタイプが装着されたことや、全長が35mm延長されたことで造形はダイナミックなものとなっている。内装に関しても同様で、メーター配置やデザイン、懸案だったカーナビもG-BOOKALPHA対応のHDDタイプに変更されるなど、その変化は大きい。
ドライブフィール
軽快さが向上、積極的にシフト操作がしたくなる気持ちよさ
マツダ RX-8 走り|ニューモデル試乗マツダ RX-8 エンジン|ニューモデル試乗マツダ RX-8 タイヤ|ニューモデル試乗
試乗したのはビルシュタイン製ダンパーを搭載する新設定のRS。6MTのみの設定だが、まずこのミッション自体がマイナーチェンジでマツダ内製になっている。ギアの切り替えも節度感が向上し、好印象。

実は今回スポーツ系グレードではエンジン出力が25psダウンしているのだが、RENESISにはかなり手が加えられ、前述したミッションとの相乗効果もあり、懸念された中低速でのドライバビリティも向上している。そしてこのRSの足回りは、RX-8の路面トレース性能をさらに向上させ、より軽快な走りを実現しているのだ。

RX-8は進化ではなく、その走りを極めるという“深化”という方向性であると個人的には思う。今回のマイナーチェンジで今後のRX-8の深化に期待できそうだ。
こんな人にオススメ
RX-8のピュアなスポーツ性を堪能したいのであれば、RSがやはりイチオシ、将来のリセールバリューにも期待がもてる。一方でスポーツカーとしての走りと充実した装備を両立させたいのであれば、タイプEという選択肢もある。出力こそ、215psに落ちるが、8ウェイ電動パワー本革シートの装着でぐっと大人の雰囲気も味わえる。
主要諸元のグレード タイプRS
駆動方式 FR
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 4470×1770×1340
ホイールベース(mm) 2700
車両重量(kg) 1350
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直2ローター
総排気量(cc) 654ccx2
最高出力[kW(ps)rpm] 173kW(235ps)/5500rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 216N・m(22.0kg-m)/4400rpm
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/61
車両本体価格 315万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027