新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエンからの独立第一号車、DS4 / navi

クルマニュース

シトロエンからの独立第一号車、DS4 / navi

(2016/03/09)

▲しっとりした乗り味は万人に分かるタイプではないが、分かる人は存分に堪能してほくそ笑んでいただきたい。リアの窓が全部下りない以外は、ドライバー以外の乗員にも快適で優しい車。かといって選び手のワガママ度も低くない、そこがDSの特異かつ得なキャラクターだ▲しっとりした乗り味は万人に分かるタイプではないが、分かる人は存分に堪能してほくそ笑んでいただきたい。リアの窓が全部下りない以外は、ドライバー以外の乗員にも快適で優しい車。かといって選び手のワガママ度も低くない、そこがDSの特異かつ得なキャラクターだ

DS4のマイチェンから本格始動するDSブランド

シトロエンから独立したDSブランドは、新興国市場で先行ローンチされたため、先進国での本格展開はまだこれから。独立第1号モデルとして日本市場で先陣を切るのは、東京モーターショーや表参道のポップアップストアで披露された、DS4のマイチェン版とDS4クロスバックだ。

今回はガソリン仕様のDS4と、ディーゼル仕様のDS4クロスバックに本国で試乗した。前者は1.6LターボのTHP210ps仕様で恐らく日本には縁がないであろうMT6速。後者は来春上陸の期待大な、最新のディーゼルBlue HDI 180ps。2Lターボのスタート&ストップ付き+アイシンAW製6速ATだ。

というわけでDS4クロスバックのディーゼルの印象だが、400Nmという分厚いトルクは車重1420 kgに対し不足はないが、2000rpmの最大値発生域はディーゼルとしてはやや高め。操舵に対するロールの仕方も量も適切だが、ノーズの反応は軽快さより、いい意味でどっしりしている。先代からキャリーオーバーの足回りとはいえ、C4がソフトに過ぎると思うクチにはちょうどいい塩梅だ。

でもガソリン仕様のDS4の、車高と重心が3cm下がった足回りを知ると、悩ましい。MTのせいもあるが、切れ味と乗り心地のバランスがやはり一段ヌケている。車重は、1313kgと100kg以上も軽く、全体的に軽快さが際立つ。THP210のピークがある加速感もいい。

逆に、DSらしいレザーシートと手仕事で8時間かかるというダッシュボードのインテグラレルレザーが、重厚なディーゼル仕様に組み合わされていたら、車全体の印象が変わるはず。鷹揚なディーゼルとパンチ力のガソリンという。いずれDSには最初から濃いめキャラが揃った。
 

▲前後LEDコンビランプなどが特徴の、ルミナス・シグネイチャーと呼ばれる明るく目を引く外観 ▲前後LEDコンビランプなどが特徴の、ルミナス・シグネイチャーと呼ばれる明るく目を引く外観
▲運転席回りは航空機の操縦席をイメージ。腕時計のベルトがモチーフのクラブレザーも用意される ▲運転席回りは航空機の操縦席をイメージ。腕時計のベルトがモチーフのクラブレザーも用意される
▲アーチトリムやブラックパーツで演出されたDS4クロスバック。アイポイントはDS4より30㎜高い ▲アーチトリムやブラックパーツで演出されたDS4クロスバック。アイポイントはDS4より30㎜高い

【SPECIFICATIONS】
■グレード:THP210 Sport Chic ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1598cc
■最高出力:211/6000[ps/rpm]
■最大トルク:280/1750[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:4284×1810×1497(mm) ■ホイールベース:2612mm
■車両重量:1313kg

text/南陽一浩
photo/DSコミュニケーション、ニコラ・ツヴィッケル
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027