新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V60ポールスターは365日気持ちよく使えるバランスの良いクルマである / navi

クルマニュース

ボルボ V60ポールスターは365日気持ちよく使えるバランスの良いクルマである / navi

(2016/02/10)

▲価格はS60が829万円、V60が849万円。ガラスサンルーフも、ボルボお得意のインテリセーフ10もすべて標準装備。オプション設定になるのは色くらい。問題があるとするならば、掲載される頃にはもう売り切れているかもしれない、ということか ▲価格はS60が829万円、V60が849万円。ガラスサンルーフも、ボルボお得意のインテリセーフ10もすべて標準装備。オプション設定になるのは色くらい。問題があるとするならば、掲載される頃にはもう売り切れているかもしれない、ということか

365日、気持ちがいい

メルセデスにおけるAMG、BMWにおけるM……。かつてのモータースポーツ部門が高性能市販モデルの開発を担うという手法は、いまやブランディングにおいてひとつの定石である。ボルボにとってのそれがポールスターだ。ポールスター社は、2015年よりレース部門をのぞいて、市販車両の開発およびチューニング部門が正式にボルボ傘下となった。

S60/V60ポールスターは、S60/V60 T6AWD R-DESIGNをベースに同社が手がけた初のコンプリートモデルだ。昨年、日本を含む世界8カ国で販売。人気を博し今年も日本市場ではS60が10台、V60が40台の計50台が限定販売されることになった。

専用チューニングされた3L直6ターボT6エンジンは、最高出力350ps、最大トルク500Nmを発揮。サスペンションは、オーリンズ製ショックアブソーバーにベース比でレートを80%強化したスプリングを組み合わせる。さらに強化ブッシュやスタビライザー、カーボンファイバー製フロントストラットバーなどの専用部品を備える。エッジの利いたデザインの20インチの専用ホイールは、今年のモデルではスポーク部がブラックアウトされており、これが昨年モデルとの大きな識別点となっている。

そのスペックだけを見ると大仰なスポーツモデルを想像させるがさにあらず。昨年、インタビューした開発ドライバーも「気持ちよく、イージーに雨の日も雪の日も、365日毎日使えるバランスの良さを狙った」と話していたとおり、十分に日常使いできる懐の深さをもつ。ヌバックとレザーを組み合わせたソフトなタッチながらも体をしっかりと支えてくれるシートは秀逸。しかし、何よりもこの直6エンジンの気持ちよさがやみつきになる。

▲リアにより多くの駆動を配分するチューニングを施した、ハルデックス製AWDシステムを搭載 ▲リアにより多くの駆動を配分するチューニングを施した、ハルデックス製AWDシステムを搭載
▲T6エンジンに専用のツインスクロールターボとインタークーラーを装着。プログラムも最適化された ▲T6エンジンに専用のツインスクロールターボとインタークーラーを装着。プログラムも最適化された
▲リアゲートや透明なシフトノブの内側などに、さりげなくポールスターのロゴを配している ▲リアゲートや透明なシフトノブの内側などに、さりげなくポールスターのロゴを配している

【SPECIFICATIONS】
■グレード:V60 Polestar ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直6DOHCターボ ■総排気量:2953cc
■最高出力:350/5250[ps/rpm]
■最大トルク:500/3000-4750[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4635×1865×1480(mm) ■ホイールベース:2775mm
■車両価格:849万円

text/藤野太一
photo/柳田由人
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027