新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X1 は駆け抜ける喜びをしっかりと感じ取れるSAVである / navi

クルマニュース

BMW X1 は駆け抜ける喜びをしっかりと感じ取れるSAVである / navi

(2016/01/29)

▲駆動方式がこれまでのFRからFFへと変更になったのは大きなトピック。とはいえ駆けぬける歓びは健在であり普遍的なアイコンであることに変わりがない事がよくわかる1台だ▲駆動方式がこれまでのFRからFFへと変更になったのは大きなトピック。とはいえ駆けぬける歓びは健在であり普遍的なアイコンであることに変わりがない事がよくわかる1台だ

SAVらしさを存分に堪能できる

SUVではなくSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)。メーカー自らがそう標榜するだけあって、先代は背が低くスポーティなデザインだった。それに比べると新型は、いわゆるSUVっぽいスタイルになったというのが第一印象だ。

2010年に登場したBMWのコンパクトSUV、X1が2代目へとモデルチェンジした。最大のトピックはこれまでFRだったプラットフォームが、このモデルから2シリーズアクティブ&グランツアラーと同様のFFになった点だ。エンジンも同じく新世代のモジュラーユニットを搭載する。ラインナップは1.5L 3気筒ターボでFF(sDrive)の「18i」、2L 4気筒ターボで4WD(xDrive)の「20i」と「25i」がある。

全長は30mm短くなったというが、全高が35mm高くなっていることもありひと回り大きくなった印象を受ける。FF化による恩恵もあって、特に後席が広くなった。頭上空間はもちろんニールームも最大66mm拡大している。

まずは192ps/280Nmの「20i」に乗り込む。パワフルというほどではないが不満はない。エンジンは回せばきっちり加速してくれるし、8速ATはもはやその存在を意識させないほどスムースに動作する。18インチタイヤを履いたサスペンションはしなやかさとスポーティさをうまくバランスさせている。

一方の「25i」は、ベースは20iと同じ2Lエンジン。とはいえ出力は231ps/350Nmと明確な差があり、乗り比べるとその力強さは魅力的だ。またこちらにはオプションの19インチタイヤが組み合わされており、よりダイレクトでスポーティな乗り味だったが、街乗りを重視するなら個人的には18インチが好みだ。ちなみに「20i」と「25i」の両者のあいだに設定された価格差は約80万円。売れ筋はやはり前者ということになるだろう。

4WDシステムは、いわゆるオンデマンド式で通常時はFFで走行。ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などからアンダーやオーバーステアの徴候を感知すると瞬時に前後アクスルへトルクを配分する機構となっている。またコーナリング時にアンダーステアの状況になると内側後輪に自動でブレーキをかけ、外側の駆動を高めハンドリングを向上させる「パフォーマンスコントロール」も備えている。

実はそのスタイルから、かつてのSAVらしさを失ったのでは思っていたが、ステアリングを握ればあっという間にその疑いは晴れた。FF化しようとも、背が高くなろうとも、BMWにとって「駆けぬける歓び」とは普遍のものなのだとあらためて感じた。

▲燃費はJC08モードで20i xライン 4WDが14.6km/L、25i xライン 4WDが14.3km/Lとなっている▲燃費はJC08モードで20i xライン 4WDが14.6km/L、25i xライン 4WDが14.3km/Lとなっている
▲ベーシックでは18インチタイヤだが、オプションで写真の19インチタイヤが用意されている▲ベーシックでは18インチタイヤだが、オプションで写真の19インチタイヤが用意されている
▲運転席の着座位置は全高に伴って36mm高くなっており、見晴らしがいい。インテリアはドライバーオリエンテッドなBMWの流儀に則りながらも、2シリーズ同様に新世代インフォテイメントシステムなどの採用でモダンなデザインになっている▲運転席の着座位置は全高に伴って36mm高くなっており、見晴らしがいい。インテリアはドライバーオリエンテッドなBMWの流儀に則りながらも、2シリーズ同様に新世代インフォテイメントシステムなどの採用でモダンなデザインになっている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:xドライブ 20i xライン 4WD ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1998cc
■最高出力:141(192)/5000[ps/rpm]
■最大トルク:280(28.6)/4600[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4455×1820×1610(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1660kg
■車両本体価格:492万円(税込)

text/藤野太一
photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
5
up
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)
8
down
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027