新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧キャデラック CT6は従来とは一線を画す革命的なキャデラックだ / navi

クルマニュース

キャデラック CT6は従来とは一線を画す革命的なキャデラックだ / navi

(2016/03/18)

▲7シリーズやSクラスというテッパンの存在があるうえ、それがイヤならジャガーやマセラティという名の通った選択肢もある中、今、日本であえてキャデラックというのは、とても格好いい我儘だ ▲7シリーズやSクラスというテッパンの存在があるうえ、それがイヤならジャガーやマセラティという名の通った選択肢もある中、今、日本であえてキャデラックというのは、とても格好いい我儘だ

ドイツ車はもう飽き飽き、という車好きに

キャデラックに、革命の予感だ。

かつてアウディジャパンで辣腕をふるい、インフィニティのトップとして活躍したヨハン・ダ・ネイスンが率いるキャデラック。本社をニューヨークに移し、モデル名改変に手をつけたあたり、インフィニティと同様の手法でブランド復活の狼煙を上げたかたちだ。その第一弾がCT6だ。名前からCTSのバリエーション? なんて誤解もあるようだが、まるで違う。

ライバルは、BMW 7シリーズやメルセデス・ベンツ Sクラスのショートで、LLサイズの立派なサルーン。ちなみに近い将来、キャデラックのセダンはすべてCTシリーズを名乗ることに。CTS=CT5、ATS=CT4、となるはず。

とにかく、軽い。フロアに高張力鋼板(スチール)を使う以外、アルミニウムボディとした。結果、車両重量は欧州Eセグメント並みの1700kg級となり、オールアルミモノコックボディのジャガーXJとタメを張る。車は軽さが命。アメ車も変わったものだ。

3.6L V6エンジンと8AT+AWDの組み合わせ(日本仕様予定)で、まったくもって過不足なく走る。特に、ゼロ発進と中間加速における身のこなしは、これまでのアメリカンビッグサルーンの常識を覆すに十分な軽やかさ。それだけドライバーズカーに徹しているというわけで、これまた従来のキャデラックイメージを大いに変えることだろう。

全体的に軽やかな動きとは言うものの、軽薄な感じはない。高級サルーンに必要な“しっとりとしたライドフィール”もしっかりと演出されている。これは、頑丈なボディ骨格と最新世代のマグネティックライドコントロールによるところが大きい。

サルーンとしてのスタイリングもようやくキレイにまとまった。美しいサルーンだ。

▲アルミボディの採用でスチール製より99kg軽量化。2Lターボ搭載のFRと3Lターボと3.6Lの4WDを用意 ▲アルミボディの採用でスチール製より99kg軽量化。2Lターボ搭載のFRと3Lターボと3.6Lの4WDを用意
▲インフォテイメントシステム、キャデラックCUEを表示するモニターは10.2インチを採用 ▲インフォテイメントシステム、キャデラックCUEを表示するモニターは10.2インチを採用
▲レザーとウッド、カーボンを用いたラグジュアリーな室内空間。パークアシストなど快適/安全装備も充実 ▲レザーとウッド、カーボンを用いたラグジュアリーな室内空間。パークアシストなど快適/安全装備も充実

【SPECIFICATIONS】
■グレード:CT6 Sedan 3.6LV-6 ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHC ■総排気量:3649cc
■最高出力:335/6800[ps/rpm]
■最大トルク:385/5300[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:5184x1879x1472(mm) ■ホイールベース:3109mm

text/西川淳
photo/ゼネラルモーターズ・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売(2017/12/14)
デビュー時とは別物! 新グレード「1.4ターボ」にスズキ エスクードの成熟を見た(2017/12/08)
新型リーフは先代に比べて良くなったし、航続距離もそこそこ延びた。しかし、アームレストは微妙だ(2017/12/02)
マイチェンで安心感がアップ。スズキ SX4 S-CROSSは乗れば乗るほど味が出る車である(2017/11/25)
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027