新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW120iカブリオレ 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

BMW120iカブリオレ 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2008/04/23)

手頃なサイズのオープン4シーターはやはり気持ちいい!

BMW120iカブリオレ フロント|ちょい乗り試乗BMW120iカブリオレ リアスタイル|ちょい乗り試乗BMW120iカブリオレ 幌を閉めたスタイル|ちょい乗り試乗
BMW120iカブリオレの試乗会へ行ってきました。
最近ではこの手の小ぶりなサイズの4シーターオープンって、かなり貴重です。
例えば同じBMWの3シリーズカブリオレになると全長4590mmx全幅1780mmx全高1385mm。
一方、120iカブリオレは全長4370mmx全幅1750mmx全高1410mm。220mmも短い。
価格は434万円。1シリーズ以前は3シリーズがBMWのエントリーモデルだったわけですが、今や335iカブリオレの価格は788万円!ですからね。
このサイズでは他にプジョー307CCがあります。サイズが4380mmx1760mmx 1435mm、エンジンも同じ2Lということもあり、ガチンコです。

ちなみにこのサイズ、旧々型3シリーズカブリオレの4435mmx1710mmx1350mmよりもまだ短い。また価格も325iの620万円(1993年当時)より安いです。

さて、サイズのことを言うと後席がどうなのかという心配がありますが、結論から言うと、十分座れます。下の写真のように、膝元には余裕があります。背もたれがかなり立っているので、長時間はわかりませんが、135iクーペと同様、この120iカブリオレも乗り心地がいいです。決してやわらかくないんですが、ゴムのシートを道路に敷き詰めてその上を走るような感覚。それは前席でも後席でも変わりません。

ラゲージは、カブリオレの状態にして走ると幌(335iカブリオレのハードルーフと違い、こちらは幌です)を格納するため天地方向に余裕がなくなり、ミニマムになります(下の写真)。カメラマンの機材でほぼいっぱいになってしまいましたが、4人で1泊2日程度の荷物なら十分積めます。
BMW120iカブリオレ 後席の膝元|ちょい乗り試乗BMW120iカブリオレ 後席|ちょい乗り試乗BMW120iカブリオレ トランク|ちょい乗り試乗
エンジンは2L直4DOHC。
BMWの最新可変バルブ機構であるダブルVANOSを搭載し、最高出力115kW(156ps)&最大トルク200N・m(20.4kg-m)を発揮します。これに6速ATが組み合わされますが、パドルシフトはなく、マニュアルモードで楽しむにはシフトレバーで操作する必要があります。大人3人+重たいカメラ機材=ほぼ大人4人状態で走ってみましたが、試乗会場である葉山マリーナの裏手にある山をぐいぐいと上るなど、まったく不満がありません。またハンドリングは、おそらくカブリオレという性格上、135iクーペほど敏感なものではないように感じられました。
とはいえ、乗ればBMW!という気持ちよさをもっているところはさすがです。

幌は約22秒で開閉します。車速が約40km/hまでなら開けることが可能で、それが約50km/hまで作動し続けます。外からリモコンキーで開けることもできます。
また、試乗車には装備されていませんでしたが、オプションのiDriveナビゲーションパッケージを選ぶと、エアコンが環境の変化に対応して温度や風量を自動で調整します。
安全面では、Aピラーの付け根が補強されて、横転時にはロールオーバー・バーとして機能。またリアシートのヘッドレストは、万一の際にはロールオーバー・バーが飛び出る機能が内蔵されています。

前述のように、3シリーズカブリオレがどんどん大きくなっています(価格も上がっています)。
確かに安全面を考えるとしょうがないですが、手頃なサイズでオープンエアを楽しめる車が、もっともっとあるといいですね。
ヨーロッパではアウディがA3のカブリオレを発売しており、120iカブリオレとまさにガチンコです。が、残念ながらA3カブリオレは今のところ日本導入の予定はないそうです。
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
3
up
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
4
up
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
5
up
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
6
down
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
up
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
8
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
9
down
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
10
up
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027