新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 207SW 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

プジョー 207SW 【ニューモデル】 / navi

(2008/05/09)

今、最もプジョーらしい走りが体感できる優良モデル

(Tester/西川淳 Photo/尾形和美)
コンセプト
実用性の高いSWの導入で207のラインナップが完成
プジョー 207SW フロントスタイル|ニューモデル試乗プジョー 207SW リアスタイル|ニューモデル試乗プジョー 207SW インパネ|ニューモデル試乗
先代にあたる206に比べると、日本ではイマイチ盛り上がりに欠ける207シリーズだが、ヨーロッパ市場では快進撃を続けているようだ。CCやGTIといったバリエーションも順調に増えてきた。このSWの登場でラインナップは一応の完成をみるようだ。

プジョーのワゴンモデルは最近SWと名乗る。ハッチバック以上本格ワゴン以下という位置づけで、スタイリッシュさと実用性の両立を図ったもの。207SWではリアオーバーハングが120mm延伸され、全高も40mm高められた。

日本に導入される仕様は1.6L直4、120ps+4ATの207SWと、同ターボ付き175ps+5MTの207SWGTiの2グレード。いずれのガソリンエンジンもPSAグループとBMWとの共同開発エンジンを搭載する。
室内&荷室空間
HBより後席のゆとりが向上ラゲージのアレンジは多彩
プジョー 207SW フロントシート|ニューモデル試乗プジョー 207SW リアシート|ニューモデル試乗プジョー 207SW ラゲージ|ニューモデル試乗
Σラインのリアセクションデザインが個性的な207SW。室内の雰囲気もハッチバックモデルとは意外に異なっている。もちろんダッシュパネルなどデザイン的にはすでに見慣れたもの。けれども全高アップによって頭上空間が広くなったことに加え、ガラスルーフが採用されたことで開放感も満点。

後席もハッチバックより後方に設置されたゆえ、足元スペースにも余裕ができた。ちょっとしたファミリィカーとして十分に使えるコンパクトカーと言っていい。

ラゲージスペースも機能性に富む。容量はもちろんのこと、サブ収納スペースや便利な3分割シェルフなど使い勝手を考えた装備が充実。さらにはこのクラスとしては珍しく単独開閉式のガラスハッチも採用されている。
ドライブフィール
懐の深い猫足は健在!実用的には十分な性能
プジョー 207SW 走り|ニューモデル試乗プジョー 207SW エンジン|ニューモデル試乗プジョー 207SW タイヤ|ニューモデル試乗
試乗車は207SW。メカニズムに関してはハッチバックの同等グレードと同じもの。ただし、プジョーの常でサスペンションセッティングは専用チューニングだ。

乗り味はまさに猫足プジョーだ。ハッチバックの207だけでなく、上級モデルを思い出してみても、いま最もプジョーらしい走りをみせる。パワーはそこそこ、エンジンフィールもまずまず、オートマはごくごくフツー、といった性能であるにもかかわらず、実用的には申し分のないパフォーマンスをみせ、ワインディング路などでは懐の深い粘り腰をみせる。身を任せてコーナリングすれば、ファミリィタイプであることを忘れて気持ち良くなってしまう。新308シリーズなんていらない? と思わせるほどに中身の濃い車だ。
こんな人にオススメ
子供がまだ小さい家庭で、ちょっと粋な輸入車に乗ってみたい、という家にはぴったりです。ミニバンでなくても、この開放感とガラスルーフがあれば子供たちも喜ぶんじゃないかな。それでいて運転するパパもママも気持ちいいとなれば、もう申し分ないでしょう。実用的で洒落た車が欲しいという人にはホント最適な選択肢だと思います。
主要諸元のグレード 1.6
駆動方式 FF
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 4150×1750×1535
ホイールベース(mm) 2540
車両重量(kg) 1320
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1598
最高出力[kW(ps)rpm] 88kW(120ps)/6000rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 160N・m(16.3kg-m)/4250rpm
10・15モード燃費(km/L) 11.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/50
車両本体価格 269万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027