新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ バモス ターボ 【プレイバック試乗記】 / navi

クルマニュース

ホンダ バモス ターボ 【プレイバック試乗記】 / navi

(2008/05/26)

※この記事はカーセンサー関東版10号2000年3月16日発売号に掲載されていたものをWEB用に再構成したものです
(Tester/松下 宏 Photo/桜井 健雄)

自然な利きのターボエンジンで余裕かつスムーズな走りを手にした

ホンダ バモス ターボ 走り|ニューモデル試乗 ホンダ バモス ターボ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑ターボモデルは縦置きエンジンに4速ATの組み合わせで登場(左)標準車との違いはターボのエンブレムとテールパイプの吹き出し位置など(右)
1999年6月に登場したバモスに新しいバリエーションとしてターボエンジンモデルが追加された。ターボはこれまで横置きだったエンジンを縦置きに変更して4速ATと組み合わせての登場だ。

これと同時に、従来は5速MTのみの設定だった自然吸気エンジンの4WD仕様車にも4速ATミッションを追加している。自然吸気エンジンの4WDもAT車に限ってはエンジンを縦置きに搭載しており、変にややこしい設定になった。一般のユーザーにとってはエンジンが縦置きでも横置きでも大きな問題ではないだろうが、開発や生産の効率性が悪いのではないかと余計な心配をしてしまう。

雪道での走りもなかなかの実力を発揮

ホンダ バモス ターボ 前席|ニューモデル試乗ホンダ バモス ターボ 雪上試乗会|ニューモデル試乗
↑シート地&ドアトリムはターボ専用で、ブラック系の色に変更された(左)北海道での雪上試乗風景。あなどるなかれ。この走破性ならスノボーも大丈夫(右)
それはさておき、ターボエンジンを搭載した4速AT車は実によく走る。というか、これまでの自然吸気エンジンと3速ATの組み合わせがショボかったともいえるのだが、ターボの4速ATは走りのレベルが格段に向上したといえる。

軽自動車とはいえバモスのような1BOXカーは1トン前後の重量があり、自然吸気ではエンジンを高回転まで回さないと走らない。また3速ATだと変速ショックが大きくエンジンからの騒音も大きかった。

それがターボ付きになったことで、余裕の走りが得られるようになった。しかも4速AT化したほか、静粛性対策も施されたので、とても静かでNAモデルに比べ明らかにスムーズな走りが得られる。ターボの利きは自然なフィールで好感のもてるものなので、バモスを買うならターボがオススメだ。

別の機会に雪道でもターボの4WDを走らせたが、雪道での走りもなかなかの実力だった。
主要諸元のグレード ターボ(2WD)
駆動方式 MR
トランスミッション 4AT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1775
ホイールベース(mm) 2420
車両重量(kg) 1020
乗車定員(人) 4
エンジン種類 直3SOHC インタークーラー付きターボ
総排気量(cc) 656
最高出力[ps/rpm] 64ps/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm] 9.5kg-m/3700rpm
10・15モード燃費(km/L) 15.4
ガソリン種類/容量(L) 無鉛ガソリン/37
車両本体価格 137.8~149.8万円

コンセプト 4点
フィニッシュ 3点
前席居住性 3点
後席居住性 3点
内装の質感 3点
取り回し 4点
操作系の使い勝手 4点
ラゲージルーム 4点
パワー感 4点
トルク感 4点
加速性能 4点
乗り心地 3点
操縦安定性 3点
高速安定性 4点
しっかり感 3点
ブレーキ性能 3点
環境対策 4点
燃費 4点
ステータス 3点
コストパフォーマンス 3点
得点合計 70/100
クリックでタグの選択
最新ニュース
オデッセイ 20周年特別仕様車「ABSOLUTE・20th Anniversary」を発売(2014/10/17)
トヨタ プロボックス/サクシード【試乗レポート】(松本英雄)(2014/10/17)
「NV200バネット バン」の仕様を一部変更(2014/10/16)
ダイハツ軽商用車「ハイゼット トラック」 さまざまな仕事を支える特装車両を発売 (2014/10/16)
LEXUS、LSを一部改良(2014/10/16)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027