新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー308 【ちょい乗り試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー308 【ちょい乗り試乗】 / navi

(2008/05/28)

熟成した足回りが絶品! このクラスで特異な存在感を示す乗り味

  • プジョー308 フロント|ちょい乗り試乗
  • プジョー308 リアスタイル|ちょい乗り試乗
プジョー308の試乗会へ行ってきました。
シャーシは先代307の流用ですが、乗り心地は別物でした。部品の長さや厚みが見直され、セッティングも変えられました。また音振対策もかなり図られています。足回りの熟成、という言葉がぴったりかもしれません。307はどちらかというと、VWゴルフっぽい剛性感のある乗り心地でしたが、308はそれにプラスしてしなやかさがあります。VWゴルフとは明らかに違う方向へとキャラクターがはっきりしました。
プジョーの中では、一つ格下の207が剛性感ガチガチなのに対し、308はしっかりした骨格を持ちつつ、かつ足もきちんと動いている感じで、407と同じ方向性です。

今回試乗したのは308のシエロ。パノラミックガラスルーフが標準装備とあって室内が明るく、それだけでもこのクラス(VWゴルフとかBMW1シリーズ)では特異な存在。かつ、インテリアは色気があります。下の写真ではエアコンの吹き出し口回りを接写してみました。きめ細かな作り込みですよね。
307は素っ気ない道具的な印象でした。それはそれで道具っぽさがよかったりするわけですが、308はもはや道具とは呼べないでしょう。所有する歓びとか、運転している最中の視界の楽しさがあります。
  • プジョー308 インパネのエアコン吹き出し口まわり|ちょい乗り試乗
  • プジョー308 パノラミックルーフ|ちょい乗り試乗
  • プジョー308 サスペンション解説図|ちょい乗り試乗
シエロのエンジンは1.6Lターボ。225/45R17のタイヤを履いています。同エンジンの別グレード、プレミアムは16インチタイヤですが、そちらのほうがよりしなやかだと思われます。ちなみにプレミアムに試乗した同業者は絶賛していました。
エンジンはターボと感じる機会がないほどスムーズに吹け上がり、コーナーを曲がると、まるでそこにコーナーがあったことをすぐに忘れてしまうほどきれいに曲がっていきます。ロールは必要最小限というか、実に自然。
いまだに4ATなのはどうかと思いましたが、乗ってみると、実はこれで十分でした。高速道路も試しましたが、まったくうるさく感じません。振動も、足元には感じられますが、その上まではこないようです。

308、かなりオススメです。

【プジョー308のカタログを見る】
<カーセンサーnetデスク・ぴえいる>
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027