新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランはゴルフ譲りの美点が盛りだくさんだ / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランはゴルフ譲りの美点が盛りだくさんだ / navi

(2016/03/25)

▲量販グレードのコンフォートラインが317万円、最廉価のトレンドラインなら300万円切りの284.7万円。安全装備の充実ぶりを考えれば間違いなくお買い得。走りは別に関係ないという向きも、家族を乗せる機会の多いミニバンだからこそ、ぜひご検討を ▲量販グレードのコンフォートラインが317万円、最廉価のトレンドラインなら300万円切りの284.7万円。安全装備の充実ぶりを考えれば間違いなくお買い得。走りは別に関係ないという向きも、家族を乗せる機会の多いミニバンだからこそ、ぜひご検討を

なんてったって“ゴルフ”

実に12年ぶりのフルモデルチェンジ。2004年にデビューし、2度のマイナーチェンジを経てトゥーランがようやく2代目になった。最大のポイントは、現行型ゴルフと同様にプラットフォームが最新世代のMQBになったことだ。これのメリットは生産効率の向上はもちろんだが、鋼板など使用部材の最適化による軽量化や最新装備を用途に合わせて搭載できることにある。

新型は従来型では少し物足りないと言われた室内空間拡大のために全長130mm、全幅は35mm大きくなり、ホイールベースも110mm延びた。シートはアレンジもしやすく使い勝手は良好だが、3列目はあくまでエマージェンシー用。これ以上を求めるならシャランを、ということになる。

利点はまだまだあって、車両重量は20kg軽量化。自動ブレーキをはじめとする最新の運転支援システムも、全車に標準装備する。

パワートレインは1.4Lターボに7速DSGの組み合わせだ。出力はゴルフを10ps強化した、パサートと同様の150ps。もちろんパワフルというほどではないが、手慣れたDSGとも相まってスルスルと走る。その抵抗の少なさからも想像されるとおり、燃費もJC08モード値で18.5㎞/Lにまで伸びている。

そして走りだしてすぐにその静粛性の高さに気づく。1つ目の大きな段差を越えたときに、リアサスのマルチリンク化の恩恵を感じることになる。それもこれも、要は最新世代のゴルフ譲りの美点だ。

日本メーカーが群雄割拠するこのコンパクトミニバンカテゴリーだが「走る、曲がる、止まる、そして安全である」という点において、いまだこのトゥーランに比肩する日本車はないと言えるだろう。なんてったって、中身はあの“ゴルフ”なのだから。

▲プリクラッシュブレーキシステムやポストコリジョンブレーキシステムなど、最新安全装備も充実 ▲プリクラッシュブレーキシステムやポストコリジョンブレーキシステムなど、最新安全装備も充実
▲インパネデザインはよりドライバー志向のレイアウトに仕立てられた。運転席座面高は約625mm ▲インパネデザインはよりドライバー志向のレイアウトに仕立てられた。運転席座面高は約625mm
▲フラットフォールドシートを採用。シートを簡単な操作で畳め、フラットな空間に。最大容量は1857L ▲フラットフォールドシートを採用。シートを簡単な操作で畳め、フラットな空間に。最大容量は1857L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:TSI Highline ■乗車定員:7名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1394cc
■最高出力:150/5000-6000[ps/rpm]
■最大トルク:250/1500-3500[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4535×1830×1660(mm) ■ホイールベース:2785mm
■車両価格:376.9万円

text/藤野太一
photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
まるで人間の目!? Newアイサイト「ツーリングアシスト」とは(プロトタイプ試乗)(2017/08/18)
V12のルッソとは全く異なる、V8ターボを搭載したフェラーリ GTC4ルッソT(海外試乗レポート)(2017/08/15)
どんなシチュエーションでも最高級の移動手段となる、ベントレー ベンテイガ(試乗レポート)(2017/07/30)
“MADE IN JAPAN”の新生トミーカイラ ZZは、玄人こそ楽しめるホットロッドだ(試乗レポート)(2017/07/28)
新型「CIVIC」を発売(2017/07/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027