新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アストンマーティン DB9GTはDB9の最終進化形である / navi

クルマニュース

アストンマーティン DB9GTはDB9の最終進化形である / navi

(2016/03/24)

▲2003年のデビューから、ひたすらに進化を続けてきたDB9。GTはその最終進化型であり究極形だ。自然吸気エンジンも、ニードルが反時計回りに動くアナログ式のレブカウンターも、DB11には採用されない。DB9が醸し出す世界を楽しみ続けたいと願うファンにはぜひ ▲2003年のデビューから、ひたすらに進化を続けてきたDB9。GTはその最終進化型であり究極形だ。自然吸気エンジンも、ニードルが反時計回りに動くアナログ式のレブカウンターも、DB11には採用されない。DB9が醸し出す世界を楽しみ続けたいと願うファンにはぜひ

長い歴史を刻んだDB9“最終形態”

アストンマーティン DB9は、間もなく開幕するジュネーブショーでオフィシャルデビューするDB11にその市場を譲ることになる。あらためて考えてみれば、DB9の誕生は2003年のことだったから、それは常に最新の商品が望まれるスーパースポーツというセグメントにおいては、きわめて長い歴史を刻んだといえるだろう。

DB9GTは、まさにこのDB9の最終進化形となるモデルだ。それを目前にして、まず誰もが感動するのは、ボディデザインの美しさだろう。その独特なロングノーズの基本シルエットは、DB9より以前のDB7ですでに確立していたものであることを考えると、このまさに時空を超えた美しさを生み出すためのテクニックを知りたいという知識欲さえ生まれてくる。

高級感の極みともいえるキャビンに身を委ね、さっそくDB9GTの走りを楽しむ。フロントに搭載されるエンジンは、6L仕様のV型12気筒自然吸気。DB11では5.2LのV型12気筒ツインターボの搭載が決定しているから、自然吸気を好むファンには、その存在は貴重だ。547psの最高出力を誇るDB9GTの走りは、アクセルペダルを踏み込めば踏み込むほどに過激さを増していく。

その一方でジェントルな走りに徹するのならば、あたかも高級サルーン並みの快適さを味わうことができるのも、アストンマーティンというブランドの特徴。ミッションを6速ATとしていることも、そのフィールを生み出す大きな理由となっていることは確かだ。

DB9の美しさ、そして何より走りの魅力は、DB11が誕生しても変わることはない。だからこそ熱狂的なアストンマーティンのファンは、今このモデルへ熱い視線を注いでいるのだ。

▲改良されたヘッドライト&テールランプ、ブラックのディフューザーや新デザインの20インチホイールなどを装着 ▲改良されたヘッドライト&テールランプ、ブラックのディフューザーや新デザインの20インチホイールなどを装着
▲GTロゴが入る専用レザーを採用するなど、ラグジュアリーなビスポークパーツを多数備える ▲GTロゴが入る専用レザーを採用するなど、ラグジュアリーなビスポークパーツを多数備える
▲ベーシックモデルより30psアップ、0-100㎞/h加速は0.1秒速い4.5秒に ▲ベーシックモデルより30psアップ、0-100㎞/h加速は0.1秒速い4.5秒に

【SPECIFICATIONS】
■グレード:DB9 GT Coupe ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:5935cc
■最高出力:547/6750[ps/rpm]
■最大トルク:620/5500[n・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:6AT
■全長x全幅x全高:4720x2061(inc.mirrors)x1282(mm) ■ホイールベース:2740mm
■車両価格:2325万円

text/山崎元裕
photo/神村聖
クリックでタグの選択
最新ニュース
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
商品改良で新たなパワートレインを手に入れたCX-5&CX-8は、どんな走りを見せてくれるのか?(2018/11/17)
燃費、静粛性の向上も、本格オフローダー魂健在の新型ラングラーに乗った(2018/11/08)
わずか4年でフルモデルチェンジを迎えた新型X4。ステアリングを握っているだけで楽しい部分が湧き出してくる(2018/10/29)
待望の4WDが追加されたティグアン!! 安定性が増し、燃料費もリーズナブル(2018/10/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027