新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ XC90のデザインが気に入ったなら、もうそれだけで選べばいい / navi

クルマニュース

ボルボ XC90のデザインが気に入ったなら、もうそれだけで選べばいい / navi

(2016/03/26)

▲ボルボとしては久しぶりの1000万円級ラグジュアリーカーだ。3列シート7人乗りだが、3列目であっても、170cm以下の乗員であれば前席と同等の安全性を確保しているという点がなんともボルボらしい ▲ボルボとしては久しぶりの1000万円級ラグジュアリーカーだ。3列シート7人乗りだが、3列目であっても、170cm以下の乗員であれば前席と同等の安全性を確保しているという点がなんともボルボらしい

XC90はデザインだけで選べばいいんです

「他のジャーナリストさんからも“デザインだけで選べばいい”と言われました」と、ボルボの広報担当氏は少し困惑したように話す。

個人的には徹頭徹尾スカンジナビアンデザインなこの新型XC90にとって最高のホメ言葉だと思う。エクステリアに派手さはなくとも、グリルとフロント&リアライトにボルボのアイデンティティを見てとることができる。運転席に座り両側のミラーに映り込むサイドパネルを見たとき、奇をてらわずテールランプにめがけてまっすぐに伸びたプレスラインに思わず感心した。美しいだけでなく機能的、車幅感覚が掴みやすいのだ。

インテリアデザインはベントレー出身のデザイナー・ロビン・ペイジ氏の手によるものという。

コンソール中央に配されたまるでタブレットのようなコントロールディスプレイに操作系を集中したことでスイッチ類を極力廃し、ダイヤル類にはベントレーも採用するローレット加工のようなデザインを採用する。また新設計のリモコンキーの表面は、シートやインレイと同じ革やウッド素材で覆われており、細部へのこだわりも徹底している。

これら新世代のデザインは、新開発のプラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」による効果も大きいそうだ。

試乗したのは4気筒2Lターボ&スーパーチャージャーのT6エンジン搭載車だったが、もちろん動力性能に不満などない。足回りなどにはまだ硬さが感じられたが、それもいずれこなれてくるだろう。

白眉はなんといっても安全性にある。ぶつからないための予防安全、万一ぶつかってからの衝突安全、これらのいざという時にしか見えない装備面においても世界トップクラスの性能を有している。

そんなわけで、すばらしいインテリアやお墨付きの動力性能&安全装備……ここまでくれば、デザインだけ見て選べばいいのだ。

▲北欧神話のトール神がもつハンマーをモチーフとしたT字型ポジションをもつヘッドライトが特徴的な、虚飾を配した外観デザイン ▲北欧神話のトール神がもつハンマーをモチーフとしたT字型ポジションをもつヘッドライトが特徴的な、虚飾を配した外観デザイン
▲メーター部を12.3インチディスプレイとし走行時に必要な情報を集約。スイッチ類を極力廃し、直感的操作を可能としたシステムを採用する ▲メーター部を12.3インチディスプレイとし走行時に必要な情報を集約。スイッチ類を極力廃し、直感的操作を可能としたシステムを採用する
▲T6エンジンに加え、254psを発生する2LターボのT5を用意。プラグインハイブリッドも導入される ▲T6エンジンに加え、254psを発生する2LターボのT5を用意。プラグインハイブリッドも導入される

【SPECIFICATIONS】
■グレード:T6 AWD Inscription ■乗車定員:7名
■エンジン種類:直4DOHCターボ+スーパーチャージャー ■総排気量:1968cc
■最高出力:320/5700[ps/rpm]
■最大トルク:400/2200-5400[n・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長x全幅x全高:4950x1960x1775(mm) ■ホイールベース:2985mm
■車両価格:909万円

text/藤野太一
photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027