新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 308GTiは家族もお父さんもご機嫌のホットハッチ! / navi

クルマニュース

プジョー 308GTiは家族もお父さんもご機嫌のホットハッチ! / navi

(2016/03/26)

▲ハデ過ぎずジミ過ぎないハイセンスな外観に、超絶ハイチューンのエンジン。家族を乗せても文句のでない(はず)の乗り心地。これを選ぶのは、家族思いでクルマが大好きな若いお父さんしかいないでしょ! お勧めは385万円の250ps仕様。長く楽しめると思います ▲ハデ過ぎずジミ過ぎないハイセンスな外観に、超絶ハイチューンのエンジン。家族を乗せても文句のでない(はず)の乗り心地。これを選ぶのは、家族思いでクルマが大好きな若いお父さんしかいないでしょ! お勧めは385万円の250ps仕様。長く楽しめると思います

いつだって一緒にいたいホットハッチ!

FFターボ最速の座は、現在ルノー メガーヌRSとホンダ シビックタイプRの間で争われており、どちらも2Lターボを搭載している。かたやプジョーはこの308GTiに1.6Lの直噴ターボを選んでいるが、その魅力が少しも色褪せないどころか、むしろ輝いてさえ思えるのは、これがワールドラリー選手権(WRC)や世界ツーリングカー選手権(WTCC)の規定に由来した排気量だから。

そしてこれをチューニングしたのが、かつてラリーやレースを戦ったプジョーのワークス部門、プジョースポールだからである。

こうしたステイタスは、名ばかりではなくその実力に反映されている。

そのエンジンは1.6Lとは思えないほどトルクフルで、小気味よいギア比の刻まれた6MTと合わせると、1320kgの5ドアハッチが面白いように加速する。250ps仕様と270ps仕様で悩むかもしれないが、その違いは高回転でのひと伸びだから、どうしても高出力モデルが欲しいのでなければ250psでも十分。

むしろ250ps仕様はほどよく強化された足回りと18インチタイヤのマッチングが素晴らしく、そのしなやかなロール感は、伝統の“猫アシ”を上手に現代解釈していると思えた。

ただよりリニアな運転感覚を求め、トラクションコントロールをオフにした場合は、270ps仕様のトルセンLSDがいい仕事をする。通常走行で不快なトルクステアをまったく感じさせないこのLSDは、緩効きながら絶妙にホイルスピンを防いでくれるから、コーナー出口では素早くアクセルを踏み込むことができるのだ。

ニュル最速を狙わずとも、ワークスが作り込めばこれだけ楽しいクルマが出来上がる。308GTiは毎日一緒に過ごせる最強のホットハッチだと言える。

▲専用エアロパーツなどを装着。270(270ps 写真)は19インチ、250(250ps)には18インチアロイホイールが備わる ▲専用エアロパーツなどを装着。270(270ps 写真)は19インチ、250(250ps)には18インチアロイホイールが備わる
▲レッドステッチの入った専用内装を採用。前席には270にバケットシート、250にスポーツシートを装着する ▲レッドステッチの入った専用内装を採用。前席には270にバケットシート、250にスポーツシートを装着する
▲シリンダーブロックに熱処理を施し耐久性を高めるなど、エンジンを徹底的にチューン。ローギアード化された6MTと組み合わせられた ▲シリンダーブロックに熱処理を施し耐久性を高めるなど、エンジンを徹底的にチューン。ローギアード化された6MTと組み合わせられた

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GTi 270 by PEUGEOT SPORT ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1598cc
■最高出力:270/6000[ps/rpm]
■最大トルク:330/1900[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:4260×1805×1455(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両価格:436万円

text/山田弘樹
photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
2
keep
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
3
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
6
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
7
up
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027