新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 308GTiは家族もお父さんもご機嫌のホットハッチ! / navi

クルマニュース

プジョー 308GTiは家族もお父さんもご機嫌のホットハッチ! / navi

(2016/03/26)

▲ハデ過ぎずジミ過ぎないハイセンスな外観に、超絶ハイチューンのエンジン。家族を乗せても文句のでない(はず)の乗り心地。これを選ぶのは、家族思いでクルマが大好きな若いお父さんしかいないでしょ! お勧めは385万円の250ps仕様。長く楽しめると思います ▲ハデ過ぎずジミ過ぎないハイセンスな外観に、超絶ハイチューンのエンジン。家族を乗せても文句のでない(はず)の乗り心地。これを選ぶのは、家族思いでクルマが大好きな若いお父さんしかいないでしょ! お勧めは385万円の250ps仕様。長く楽しめると思います

いつだって一緒にいたいホットハッチ!

FFターボ最速の座は、現在ルノー メガーヌRSとホンダ シビックタイプRの間で争われており、どちらも2Lターボを搭載している。かたやプジョーはこの308GTiに1.6Lの直噴ターボを選んでいるが、その魅力が少しも色褪せないどころか、むしろ輝いてさえ思えるのは、これがワールドラリー選手権(WRC)や世界ツーリングカー選手権(WTCC)の規定に由来した排気量だから。

そしてこれをチューニングしたのが、かつてラリーやレースを戦ったプジョーのワークス部門、プジョースポールだからである。

こうしたステイタスは、名ばかりではなくその実力に反映されている。

そのエンジンは1.6Lとは思えないほどトルクフルで、小気味よいギア比の刻まれた6MTと合わせると、1320kgの5ドアハッチが面白いように加速する。250ps仕様と270ps仕様で悩むかもしれないが、その違いは高回転でのひと伸びだから、どうしても高出力モデルが欲しいのでなければ250psでも十分。

むしろ250ps仕様はほどよく強化された足回りと18インチタイヤのマッチングが素晴らしく、そのしなやかなロール感は、伝統の“猫アシ”を上手に現代解釈していると思えた。

ただよりリニアな運転感覚を求め、トラクションコントロールをオフにした場合は、270ps仕様のトルセンLSDがいい仕事をする。通常走行で不快なトルクステアをまったく感じさせないこのLSDは、緩効きながら絶妙にホイルスピンを防いでくれるから、コーナー出口では素早くアクセルを踏み込むことができるのだ。

ニュル最速を狙わずとも、ワークスが作り込めばこれだけ楽しいクルマが出来上がる。308GTiは毎日一緒に過ごせる最強のホットハッチだと言える。

▲専用エアロパーツなどを装着。270(270ps 写真)は19インチ、250(250ps)には18インチアロイホイールが備わる ▲専用エアロパーツなどを装着。270(270ps 写真)は19インチ、250(250ps)には18インチアロイホイールが備わる
▲レッドステッチの入った専用内装を採用。前席には270にバケットシート、250にスポーツシートを装着する ▲レッドステッチの入った専用内装を採用。前席には270にバケットシート、250にスポーツシートを装着する
▲シリンダーブロックに熱処理を施し耐久性を高めるなど、エンジンを徹底的にチューン。ローギアード化された6MTと組み合わせられた ▲シリンダーブロックに熱処理を施し耐久性を高めるなど、エンジンを徹底的にチューン。ローギアード化された6MTと組み合わせられた

【SPECIFICATIONS】
■グレード:GTi 270 by PEUGEOT SPORT ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1598cc
■最高出力:270/6000[ps/rpm]
■最大トルク:330/1900[n・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長x全幅x全高:4260×1805×1455(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両価格:436万円

text/山田弘樹
photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027